<< すやすや ただ今、ブログ工事中です。 >>

山を舐めちゃいけません

久しぶりに雪に触りたくて、標高1309mの【徳舜瞥山】へ。

あれれ?予定していた3倍以上の雪なんですけど005.gif
登りは、デジイチ出せる状況でなかったので写真は全て下り道で撮ってます。

最初の難関、恐怖丸太渡り。
(両足が乗るかどうかの幅でツルッツル。これは帰り道なので雪が積もっていない状態)
c0210644_20194150.jpg


30cm位の石ころゴロゴロ坂。雪で何処を踏んだら安全か分かりません。(;´Д`)
c0210644_20251620.jpg


思わぬ敵、美しき樹氷。
雪の重みで顔の高さまで枝が・・・ストックで払い、身を屈めて潜り抜ける。
c0210644_2037584.jpg


標高1220m付近、ハイマツ帯を抜けるとまともに雪と風が襲ってくる。
積雪はビザ上まで達しなかなか進めない、タイムアップで撤退。

9合目まで撤退して昼食。-5℃の中、カップラーメンを食べ余韻に浸る。
久々にアドレナリン全開で、ちょっとハイな気分。
c0210644_20402123.jpg




実は、徳舜瞥山は1月以降に冬山ルートでしか登った事がなかった。
今回は、夏なら1時間15分程度で登れる登山道をノンビリ歩く予定だったのだが
予想以上の積雪。

歩いた事の無い道なので、雪で覆われた足元がどうなっているか分からず探りながら
進んだので3時間近く掛かっても、山頂に辿り着く事が出来なかった。

はっきり言って、冬山ルートより捻挫・転倒の危険性が高くデンジャラスでした。

今時期、北海道で登山する人が極端に減る理由が分かったような気がします。

2009/11/19 徳舜瞥山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2009-11-20 21:02 | 冬山登山
<< すやすや ただ今、ブログ工事中です。 >>