<< 紋別岳と735m三角点 感動の徳舜瞥山・ホロホロ山 前編 >>

感動の徳舜瞥山・ホロホロ山 後編

徳舜瞥山で休憩後、白老山岳会パーティと一緒にホロホロ山へ。


先月ホロホロ山から来た時は堅雪でアイゼンを使った山頂下の急斜面だが、今回はふわふわのパウダー。
スノーシューで一気に駆け下りるのが気持ち良い
c0210644_2101363.jpg

c0210644_2103552.jpg

降りてきた斜面に我々のトレース
c0210644_2192159.jpg

*ここでまたしてもアスペクト比のスイッチがズレ4:3→1:1になった。
 結果的には、ここで初めて液晶の表示が明らかに違うのに気が付いて3:2に戻すことが出来た。

また長くなるので続きはMoreをクリック

2013/2/10 徳舜瞥山 DMC-LX5



ここからは快適な稜線歩きで、皆のんびりおしゃべりしながら進みます
私もMinakayakさんTarochanさんといろいろおしゃべり
写真は前方を進むtarumae-yamaさんとH原さん
c0210644_21143488.jpg

少々のアップダウンはあるが平坦な道程
ハイキング気分でルンルンです
c0210644_2135303.jpg

ホロホロ山頂直下のモコモコ
c0210644_21443227.jpg

山頂から
支笏湖が一望できる
c0210644_21535043.jpg

風不死山と樽前山もバッチリ
c0210644_21543682.jpg

ホロホロ山頂で昼食、それぞれ思い思いの時間を過ごす。

H原さんのカメラはなんとEOS-1D。記念撮影で持ってみましたがメッチャ重いです。
私はEOS-KissX2ですら重たいと感じて、冬はコンデジになってしまったヘタレ。
EF-S10-22mmを付けて持ってくれば、もっと迫力ある写真が撮れたかもしれない。
c0210644_22359.jpg

三階滝から別の北大パーティ4名が登ってきて、ここでも記念撮影会(写真はtarumae-yamaさん提供)
c0210644_2254176.jpg

下山開始
しかし、ホロホロ方面から見る徳舜瞥山がカッコよくてなかなか足が進みません(笑)
c0210644_2283568.jpg

c0210644_2291235.jpg

徳舜瞥山山頂下に別の北大パーティーが見える
c0210644_2295226.jpg

更に振り返ると、ホロホロ山に青空が出て光線状態も良くシャッターが止まりません。
c0210644_2214112.jpg

c0210644_22141234.jpg

c0210644_22143741.jpg

もういいだろうと思っても、ついつい撮ってしまいます。
c0210644_22154268.jpg

c0210644_22211736.jpg

ぶっちゃけ写真を選ぶのが面倒になってきた(笑)

徳舜瞥山ピークは巻いて、1050m台地目指して下山
c0210644_22225216.jpg

登ったときより青空が広がってしまったので撮り直し(笑)
1050m台地から徳舜瞥山
c0210644_22231775.jpg

未熟なスノーモンスターだったけど松林も綺麗
c0210644_22263493.jpg

スノーモンスターの間から徳舜瞥山
c0210644_2228216.jpg

樹氷も輝いている
c0210644_22294075.jpg

名残惜しいけどこれで最後
c0210644_2231992.jpg

充実感一杯で下山(H原さん提供)
c0210644_22342397.jpg


予想外の好天と贅沢な景色、沢山の人達との出会い。
いや~最高でした。
これだから山は止められません。

終わり
[PR]
by ms090 | 2013-02-12 21:54 | 冬山登山
<< 紋別岳と735m三角点 感動の徳舜瞥山・ホロホロ山 前編 >>