<< 2013年6月29~30日 表... 2013年6月29~30日 表... >>

2013年6月29~30日 表大雪縦走 『後編』

今回の山旅やっと最後の記事です。
メインは『白雲岳山頂からの絶景』であとはチョイチョイ。

北鎮岳山頂を8時に出発し、8時30分に中岳に到着
目指すはお鉢を挟んで反対側にある唇のような形をした白雲岳、遠いな~。
c0210644_2203961.jpg

9時に間宮岳を通り、一応パノラマで記念撮影
左から安足間岳~比布岳~北鎮岳~凌雲岳~桂月岳~黒岳~北海岳~白雲岳~トムラウシ~後旭岳~旭岳
c0210644_2261220.jpg

旭岳を見ると急斜面の雪渓を下っている人影が
c0210644_2274517.jpg

間宮岳と北海岳の間の眺めの良いところでちょっと撮影
トムラウシ方面
c0210644_2291427.jpg

この角度から見ると忠別岳がカッコいいね
c0210644_22101374.jpg

改めて御鉢平全景
左から北鎮岳~凌雲岳~桂月岳~黒岳~北海岳、奥にニセイカウシュッペ山
c0210644_22131748.jpg

10時北海岳到着
北鎮岳の雪渓に大行列
c0210644_22135049.jpg

左の白雲岳目指してスタスタ歩く
c0210644_221702.jpg

北海岳~白雲分岐まで『山と高原地図』もしくは黒岳石室にある地図のコースタイムは
1時間20分となっているが、これはかなり実際とは違うと思う。
『山と渓谷社』の地図だと1時間、私は通算3回、テントを担いで歩いたこともあるが50分程度でついてしまう。
今回、御鉢一周+白雲岳が出来たのは、片道30分往復で1時間も違うこのコースタイムを知っていた
お陰でやる気になった。

話が逸れてしまったが、段々と気温が高くなってきたので白雲岳麓の雪渓歩きが気持ちいい
c0210644_22271756.jpg

白雲岳山頂直下の雪渓、左上が山頂
c0210644_22281578.jpg

3日にこの雪渓だと思うのだが滑落して死亡する事故が起きた。ご冥福をお祈りします。

上の写真で人が下っている場所から撮った写真
夏道が埋まっていて、行きは雪渓の下を巻いて巨岩帯を、下りは雪渓のピークを歩いて傾斜が緩くなった
低い位置から右側に滑り降りるルートだったのだが、恐らく高い位置で右側に滑落してしまったのだろう。
この写真を改めてみると、まったく油断の出来ないルートとなっている。
巨岩帯を歩いても危険なので、どちらを歩くにしても注意が必要です。
c0210644_22313156.jpg

11時40分白雲岳山頂到着
今回すっかり定番となったパノラマ写真
c0210644_22364974.jpg

東大雪、トムラウシ、十勝連峰、夕張山地の素晴らしい景色
c0210644_22443166.jpg

空気が綺麗で、トムラウシが近く見える
c0210644_22452119.jpg

十勝連峰も、右後ろは芦別岳?
c0210644_2247951.jpg

そして一番見たかった縞々
c0210644_22481558.jpg

いつの間にか、山頂には私一人。
こんな絶景の中、最高の山頂ラーメン
c0210644_2249969.jpg

人が着たら下山しようと思っていたら1時間も来ず、結局1時間20分も滞在して13時下山

ここで欲が出てちょっと寄り道
白雲岳非難小屋越しの絶景
ここはテント泊しかしたことがないが、素晴らしいロケーションで好きな場所。テン場はまだ雪の下。
c0210644_22541832.jpg

同位置から撮影、標高年のニペソツ山
c0210644_22554814.jpg

いよいよ帰路
氷河?越しの鳥帽子岳
c0210644_2257559.jpg

高さは50m位はあるのか大迫力の雪壁、しかも亀裂が至る所に入っていて今にも崩落しそう
c0210644_2304436.jpg

北海岳を越えてやっとが黒岳が近くなってきた
c0210644_2332235.jpg

疲れているせいか、暑かったせいか何げに結構遠い。
そんな時、北海沢の雪壁ルート(写真は進行方向と逆)
c0210644_2362737.jpg

こんな雪壁の側を歩くのははじめての経験でワクワク、ちょっと疲れが癒された。
また涼しくてよかった。
c0210644_2394245.jpg

15時20分 黒岳石室着
想定以上の気温25℃、暑さで水が結構ギリギリだった。雨水を分けてもらい生き返る。
30分程おしゃべりしたり休憩したりして下山。
最後にお別れショット
c0210644_2313183.jpg

17時30分に層雲峡に到着して今回の山旅は終了。
天気が良いって最高!天気予報を信じてちょっと無理して決行して良かった。

しかし、これから約270kmのドライブをしなければならない。家に帰るまでが登山です。
まず。『黒岳の湯』に入り汗を流す。
長風呂すると眠くなるので30分で出て、食事をせず明るいうちに距離を稼ぐ作戦。
しかし、旭川に着く頃に眠気に限界が・・・旭川鷹栖ICで降りてすぐ側のイオンモールに入り食事。
ここからトラブル続出。
ボーっとして駐車場に車を停めたもんだから、何処に停めたかさっぱり覚えてない。
探し回ること15分、探していた駐車場とは建物を挟んで反対にあった。
これでは運転は無理と判断し、車の中で仮眠。。。トントントン!!!
そこには警備員がいて『駐車場閉めますのであそこから出てください』、私『???』
時計を見ると24時!!
木曜日に急遽行こうと思い立ってから準備2日間、黒岳石室で寝た1日の計3日で合計13時間程度しか
寝てなかったせいで、仮眠どころか熟睡してました。
そこからは、しっかり寝たお陰で順調に高速道路を通り2時40分無事家に着きました。
そして3時に寝て5時に起きて、6時30分から仕事をしたのであったw

おわり。

行動時間
29日 14:45黒岳7合目-16:10 黒岳山頂-16:30~18:35 黒岳石室
    -18:50~20:00 桂月岳-20:10 黒岳石室
30日 3:00 黒岳石室-3:15~4:30 桂月岳-4:40~6:00 黒岳石室-7:40~8:00 北鎮岳
    -8:30 中岳-9:00 間宮岳-10:00 北海岳-11:40~13:00 白雲岳-15:20~50 黒岳石室
    -16:55 黒岳7合目

2013年6月29~30日 表大雪 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX-5
[PR]
by ms090 | 2013-07-07 22:36 | 小屋&テン泊登山
<< 2013年6月29~30日 表... 2013年6月29~30日 表... >>