<< 2013年11月30日 初冬の... ホロホロ山とオロフレ山の通行規... >>

2013年11月24日 厳しくも美しいニペソツ山

 去年、yahさんのブログで見た純白のニペソツ山に恋焦がれた一年間。
今年絶対見に行こうと決めていたのですが、10月の台風で登山口に行く林道が通行止めになり
もう行けないものと思っていたところ、先週ヤマレコで山行報告があったので急遽行ってきました。

今回は、たまたま別件で連絡のあったminakayakさんを誘って二人で。
これが今回の登山の成否を分けることに。

家を1時に出発して、2時にminakayakさんと合流。
運転を交代しながら、6時前に幌加除雪ステーション着。空を見上げると満点の星空。
273号線から林道に入ると薄っすらと雪が積もっていた。
天気予報が良いので、他にも登山客がいることを期待していたがタイヤの跡が無い。
ガッカリしながら登山口に到着し準備をしていると一台の車がやってきた。
話をすると先週も登っている、pakuminさんとhosshiiさんだった。
2人は山登りも早いが準備も早い。こちらが準備している間にあっという間に出発して行った。
c0210644_18371346.jpg

6時40分 登山口出発。
最初の関門、丸太橋を慎重に渡る。

最初はくるぶし程度のトレースで順調に登れたが、登れば登るほど深くなり膝~股下まで埋まってくる。
そんな状況でラッセルしている2人は相当大変なはずなのだが、姿も声も聞こえない。
2人の超人っぷりに脱帽しながら展望の無い樹林帯もくもくと登る。

登りはじめて1時間25分標高1480m付近。やっと前天狗岳(前テン)が見えた。
c0210644_18375119.jpg

トレースを使っても、踏み抜いたりで股下まで埋まりながら歩くのはしんどくなってきて
スノーシューを装着することにした。
つぼ足のトレースをシューで踏むと同じ深さまで沈む上、道幅がシュー片足分の幅しかないので足が窮屈で辛い。
かと言って脇に逸れても雪が締まっていないので、埋まって間もない笹薮を何度も踏み抜く。
楽になったのか、ならないのか自問自答しながら登る。
c0210644_18384134.jpg

よく覚えていないが多分1530m付近で、腰まで埋まっているpakuminさん達に追い付いた。
話を聞くと登山口は先週と同じくらいの積雪だったが、その後は比べ物にならないほどの積雪のようだ。

ここから私達が先行して進んだが、夏道が何処なのかさっぱり分からない状態。
後続の事も考えて、雪の硬いところを探りながら進んだ。
早くニペと対面したいのだが、全然ペースが上がらない。

8時47分 登山開始から2時間ちょっとかかって大岩に到着。面倒だがスノーシューを脱いでザックにつける。
ツボ足のpakuminさん達は先に、足元が滑るので慎重に。
c0210644_18395447.jpg

スノーシューを履いている間に、腰ラッセルで天狗のコル付近までズンズン進む2人。凄すぎるんですけど。。
c0210644_18402944.jpg

大岩からは景色が良くなり気持ちが楽になる。
目指す前テン
c0210644_22311043.jpg

樹氷と青空
c0210644_0151428.jpg

大岩を過ぎてからは雪がある程度締まっていて、スノーシューならチョコッチョコ踏み抜きはあるが
10~20cm程度のラッセルで進めた。
ツボ足だと、シューのトレースを使っても結構埋まって大変そうだった。

振り返って左に大岩のあるピーク、右におっぱい山
c0210644_18412423.jpg

前テンの登りはじめは藪がうるさく踏み抜くので、右回りに迂回した。

クラストした斜面が出始め、あとは順調に行けるかと思った時、私とminakayakさんが揃って足を攣ってしまった。
お互い登山では初めての経験。
二人とも今シーズン初の本格的な冬山で思っていた以上に消耗していた。
冬山で標高1320m以上は初めてだったので、その影響もあるのかもしれない。
ちょっと焦ったが休憩と栄養補給をして、私が持っていた特効薬のツムラ68番芍薬甘草湯を飲だら
すぐに直ったので良かった。

ゴールは、もうすぐなのでここからはゆっくり景色を堪能しながらクラスト斜面をサクサクと進んだ。
c0210644_1844948.jpg

振り返れば石狩岳や大雪山
c0210644_18483984.jpg

横にはトムラウシやオプタテシケが見える
c0210644_18484687.jpg

トムラウシはデッカイな~
c0210644_18485527.jpg

10時45分 登りはじめて4時間  純白のニペソツと感動のご対面
c0210644_1849359.jpg

予想外の助っ人、想定外の厳しい道のり、快晴の空、想像以上の絶景、色々な気持ちが込み上げてきて
登山で初めてガッツポーズした。
c0210644_18494383.jpg

最高の天気なのに前テンは4名の貸切。
1人でも欠けていたら、ここまで登ってこれなかったと思う。皆さんに感謝。
c0210644_1850376.jpg

前テンからは360℃見所一杯
引いて見ても、ズームで見てもカッコいいニペ!
c0210644_18504362.jpg

ニペの左奥に日高山脈
c0210644_18505696.jpg

c0210644_1851875.jpg

十勝連峰も真っ白
c0210644_18534820.jpg

十勝岳とオプタテシケは山頂が綺麗に尖っていて目を引かれる
c0210644_18535458.jpg

またまたトムラウシ
c0210644_18541677.jpg

見事な海老の尻尾とウペペサンケ
c0210644_1856085.jpg

ウペペサンケと糠平湖
c0210644_22174716.jpg

石狩岳と奥に大雪山
c0210644_18565110.jpg

c0210644_18575271.jpg

高根が原だけに雲が乗っているのが面白い
c0210644_18575972.jpg

幌加コース側を通って下山。
これでお別れだ。また来るよニペそして前テン
c0210644_18584844.jpg

24日を過ぎると天気予報に雪マークが多かったので、この日がラストチャンスだったかもしれない。
雪が積もったら林道が冬期通行止めになってしまう。
日程も、メンバーもギリギリ間に合って本当に運が良かった。
もう今シーズンの運をすべて使い果たしたような気がする1日でしたw

ニペソツ最高!!

2013年11月24日 ニペソツ山 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2013-11-26 00:05 | 冬山登山
<< 2013年11月30日 初冬の... ホロホロ山とオロフレ山の通行規... >>