<< 2013年12月29日 樽前山敗退 2013年11月30日 初冬の... >>

2013年12月23日 南白老岳初挑戦

12月23日は、Tarochanに誘われ白老山岳会の登り納めに参加してきました。
南白老岳は初めてなので、ワクワクです。
白老岳から見た南白老岳。尖ってます。
c0210644_23114586.jpg


総勢9名での登山。
c0210644_22281217.jpg

道路から取り付き、フェンスの隙間を登っていきます。
c0210644_2229165.jpg

結構な急斜面と笹が気になります。(下山時に撮影)
c0210644_22303899.jpg

目指す山頂は雲の中
c0210644_22323928.jpg

急斜面と笹薮を交互に登っていく。
c0210644_22331486.jpg

取り付きの道路が下に見えます。
c0210644_22332928.jpg

c0210644_22343932.jpg

登るにつれて風雪が強くなってきました。
c0210644_22345051.jpg

山頂到着
c0210644_22371866.jpg

南側は急斜面
c0210644_22373349.jpg

Tarochanのカメラと三脚で記念撮影。
c0210644_22412475.jpg

山頂は-9℃でなかなかの寒さ。景色も見えないので昼食を摂ってすぐに下山開始。
お隣の白老岳の雄姿が見れなかったのが残念。

山岳会のメンバーはこの急斜面でも、スノーシューでガンガン降りていく。
c0210644_22462617.jpg

取り付きの道路が見えてきた。
c0210644_2247312.jpg

下山してきたら、ちょっと明るくなってきました。冬山では良くあることw
c0210644_22491612.jpg

今回、5名の山岳会員さんと初めてお会いしましたが皆さんパワフルです。
南白老岳は、予想はしていましたが急斜面が多くなかなか登り応えがありました。
景色は見えませんでしたが、登ったことのない山に登れて満足でした。

購入後、初めてライトニングアッセントを使用しましたが、急斜面も笹薮もガンガン登れて感動。
先端形状が細くアルミフレームが食い付く形状なので、キックステップが雪面にしっかり刺さり
吹き溜まりのような斜面でも気持ちよく登れます。
今まで使っていたアトラス1225とMSRデナリアッセントは、先端形状が太く反りが大きいので
キックステップを使っても、雪面に上手く刺さらなかった。
c0210644_23191828.jpg

また、今回9名中5名のスノーシューがライトニングアッセントだったと言うのも興味深いですね。

GPSログ(スマホで地図ロイドにログを表示)
c0210644_075654.png


2013年12月23日 南白老岳 LX5
[PR]
by ms090 | 2013-12-27 23:06 | 冬山登山
<< 2013年12月29日 樽前山敗退 2013年11月30日 初冬の... >>