<< 2014年1月4日 白老岳 ホ... 2013年12月23日 南白老... >>

2013年12月29日 樽前山敗退

 昨日は、山仲間10名と忘年会で楽しみました。
 忘年会の前に、皆で樽前山登山も計画していたのですが天候不順で中止。残念。

 今日はTarochanと一緒に、樽前山山頂を目指しました。

 林道は先行者のトレースと後から降りてきたスノーモービルでそこそこ圧雪状態。最初はツボ足。
c0210644_22524430.jpg

 しかし、サラサラの片栗粉みたいな雪で足の踏ん張りが悪い。
 5合目分岐から私はワカン、Tarochanはスノーシューで登る。スノーシューの圧勝、ワカンはイマイチでした。

 スノーシューはぺたぺた硬い道を歩いているような感じだが、ワカンだと足の踏み出しで後ろに力が逃げる。
 ツボ足の歩幅を1とすると、同じ労力でスノーシューは2、ワカンは1.5程度の歩幅で歩ける。

 ヒュッテに着いて山頂を見ると、雲がかかっている上、かなりの強風。
 とりあえず、行ける所まで行って見る事に。

 展望エリア。山頂は強風で雪煙が舞っている。
c0210644_2344492.jpg

 膝ラッセル
c0210644_235091.jpg

 樹林帯の中は吹き溜まりで所々、股ラッセル。
c0210644_236987.jpg

 森林限界以上は吹雪。これ以上登ってもしょうがないので、標高760m付近で撤退。
c0210644_23142696.jpg

c0210644_2393256.jpg

 支笏湖も風不死岳もまったく見えません。
c0210644_23121638.jpg

 ヒュッテ前のベンチで昼食。楽しみにしていた鍋焼きうどん、熱々でメッチャ旨かった。
 (具のかき揚げ投入前だったので、ちょっとさびしい感じの写真に)
c0210644_23171266.jpg

 知人が2度ほど、私と同じSOTOウインドマスター(SOD-310)を使って器に穴を空けていたので恐る恐る加熱。
 火力全開にはしなかったですが、大丈夫そうでした。

 気温-7℃、風速1~2m程度でしたが、ウインドマスターの火力は問題なし。
 セイコーマートの鍋焼きは、汁が全量付属するタイプなので調理時間が掛かる。
 濃縮タレにお湯を投入出来るタイプの方が、冬山では良さそう。確かスーパーで売っていた。

GPSログ
 スマホバッテリー消費:6時間で15%程度(ザック雨蓋内放置、気温-5~-9℃、機内モード使用)
c0210644_2335287.png


今日は山頂まで行けなかったけど、収穫のある登山でした。終始、先行してくれたTarochanありがとう。
・冬山の歩きは、ラッセル有り無しに関わらずワカンよりスノーシューの方が楽。
・SOTOウインドマスターは、-10℃程度なら鍋焼きうどん食べれる。
・パタゴニアR2ジャケットは、毛のブラッシングによって速乾性、通気性、保温力が大幅に回復する。

2013年12月29日 樽前山 LX5
[PR]
by ms090 | 2013-12-29 23:46 | 冬山登山
<< 2014年1月4日 白老岳 ホ... 2013年12月23日 南白老... >>