<< 2015年1月25日 快晴の漁岳 2015年1月18日 トヨニ岳敗退 >>

2015年1月24日 風不死岳ラッセル訓練

結構雪が降った翌日。ラッセル訓練の為、登る人が少ない風不死岳へ。

駐車帯が除雪されておらず、ママさんダンプと普通の除雪スコップを使い約10分で1台分除雪。
登山前に一汗。

道路を歩いて車入り口に行き、スノーシュー装着して出発。

1合目に倒木2箇所。写真の1箇所目は右側の木の隙間を潜るほうが良い。2箇所目は左を巻いた方が楽。
c0210644_17025216.jpg
薄っすらと見えるトレース。トレース上には雪が積もっているが底が硬いので歩きやすい。
1~2合目積雪15cm程度、3~4合目20cm程度のラッセル。
c0210644_17025539.jpg
5合目でトレース消失、ルート不明瞭。
ここからは本格的にラッセル開始。積雪20~30cmの軽くも重くもない雪質のラッセル。
c0210644_17025841.jpg
c0210644_17030317.jpg
天気は時折晴れ間が見えるものの、おおむねガス。
c0210644_17030502.jpg
久しぶりに誰も歩いてない山を単独で歩く。ワクワク、ドキドキ、ラッセルラッセル、アドレナリンが出て気持ち良い。
c0210644_17030895.jpg
天気が悪いので、後ろを振り返ってトレースを見るのが唯一の楽しみ。
c0210644_17031122.jpg
c0210644_17032640.jpg
8、9合目付近はガスで冷えている。霧氷や樹氷が綺麗。
c0210644_17033044.jpg
c0210644_17032273.jpg
『頂上へ』の看板から先はアイゼンの方が安全だが、スノーシューでも30cm以上埋まるし、ピッケルさしても手応えが軽い。
アイゼンだと股まで埋まりそう。
頂上までは、ピッケル&バスケット外しショートストック(ダブルアックス代わり)
それでもダメなら枝つかんで強引にスノーシューで突破。
c0210644_17041647.jpg
ここは何処。山頂稜線です。
c0210644_17291216.jpg
偽ピーク見えた。
c0210644_17291621.jpg
景色はこれだけかと思ったら晴れ間が出てきた。GPV気象予報通り13時前後の晴れ間到来。
c0210644_17292375.jpg
c0210644_17292998.jpg
単独ラッセルで絶景堪能、達成感がハンパない。
c0210644_17500008.jpg
黒い平地と白い山。
c0210644_17293888.jpg
樹氷が美しすぎる。前日の雪と当日のガスのお陰。
c0210644_17294621.jpg
c0210644_17294840.jpg
c0210644_17295102.jpg
樽前山方向はガスが溜まっていて見えない。
c0210644_17371657.jpg
c0210644_17372074.jpg
晴れるまで暇つぶしに山頂標識探し(上の写真、散乱した雪が探索の跡)。標識前に約110cmの落とし穴あり危険。
c0210644_17372730.jpg
山頂標識と恵庭岳(携帯でしか撮ってなかった)
c0210644_17373199.jpg
山頂で1時間粘って恵庭岳山頂登場。
c0210644_17374644.jpg
樽前山はこれが限界。
c0210644_17374379.jpg
14時10分下山。9合目の嫌らしいトラバース、枝つかみが一番安全かな。
下りは8合目までアイゼン&ピッケル。案の定、膝上から股まで埋まる。
8合目からの急斜面&深雪は、ワカンにするのが正解なのだろうか?荷物が増えるが今度試してみよう。
c0210644_17375004.jpg
久しぶりの単独行を満喫しました。

下山後、駐車帯が車の回り以外綺麗に除雪されていた。除雪車の方ゴメンなさい。
ママさんダンプで車の周りを除雪。綺麗さっぱりして帰りました。

25日はゆっくりする予定でしたが、好天予報には抗えず漁岳へ。

登り:3時間半 下り:1時間(じんわりと汗をかく程度のノンビリペース)

2015年1月24日 風不死岳
LX5


[PR]
by ms090 | 2015-01-25 17:51 | 冬山登山
<< 2015年1月25日 快晴の漁岳 2015年1月18日 トヨニ岳敗退 >>