カテゴリ:冬山登山( 59 )

感動の徳舜瞥山・ホロホロ山 前編

2月10日にH原さん、tarumae-yamaさんminakayakさんと4名で徳舜瞥山・ホロホロ山に登ってきました。

今回は私が幹事役だったのですが、気象庁の天気予報が前日になって『曇りのち雪』っぽい感じでヤバイ(汗)
11日の天気も微妙で悩む。
なんとなく天気は持ちそう&風は無い、更にホロホロ山の天気予報が書いてあるHP『てんきとくらす』によると晴れだ。
10日決行です。

朝5時55分に自宅出発、真っ暗で天気が良く分からないので祈るようにして登山口へ。

朝陽が徳舜瞥山の尖った山頂を浮かび上がらせている(^-^)V
c0210644_23122031.jpg


写真が沢山あるので続きはMoreをクリック

2013/2/10 徳舜瞥山 DMC-LX5

More
[PR]
by ms090 | 2013-02-11 23:41 | 冬山登山

2013年 1月31日 厳冬のホロホロ山?? 後編

1月31日は曇り予想。

境目がクッキリ出るほどのどんより雲。
標高944.7mの南白老岳山頂は見えるが、標高966mの白老岳山頂は見えない。
標高934m付近で撮影
c0210644_23384065.jpg

しかし、ここは樹氷が綺麗なのでモチベーションは落ちない。
標高830m付近の樹氷
まだ松の葉が見えている
c0210644_23403210.jpg

支笏湖氷濤まつりで見たような光景
c0210644_23413532.jpg

標高940m付近
c0210644_2344558.jpg

標高1000m付近  
『明瞭度』スライダーで遊んでみたらソフトな感じに
c0210644_2345592.jpg

ここら辺からスノーモンスター出現
キモッ
c0210644_23492516.jpg

上に顔があるっぽい
c0210644_23493877.jpg

曇り&湿度が高いと幻想的な風景になる
c0210644_23521825.jpg

標高を上げる毎に木はまばらに、樹氷はモンスターになっていく
c0210644_23543732.jpg

c0210644_23545988.jpg

c0210644_001228.jpg

c0210644_002540.jpg

c0210644_23582047.jpg

c0210644_23591095.jpg

上から見下ろすと樹氷原がミニチュアのように見える
c0210644_004397.jpg

標高1150m ライオンか!
c0210644_021856.jpg

ここからは下りで撮影
c0210644_03472.jpg

雲が濃く薄暗くなった
c0210644_042597.jpg

c0210644_05335.jpg

今回はすべての写真を『Adobe Photoshop Lightroom 4 』で現像してみた。
思い通りに写真がコントロール出来るのでついつい楽しくなり、リアル<イメージな仕上りになったかも?

2013/1/31 ホロホロ山 DMC-LX5

雑記
[PR]
by ms090 | 2013-02-02 23:51 | 冬山登山

2013年 1月31日 厳冬のホロホロ山?? 前編

ホロホロ山に登っていたらどっかのピークにいた。
c0210644_2054140.jpg

続きはMoreから

とりあえず速報版、樹氷中心の写真は後日。
2013/1/31 ホロホロ山? DMC-LX5

More
[PR]
by ms090 | 2013-01-31 23:43 | 冬山登山

5年ぶりの多峰古峰山

2008年に登って以来なぜか登らず、ご無沙汰だった多峰古峰山へminakayakさんと一緒に行って来ました。

林道入り口からスタート、前日と思われるかなり新しいトレースがありラッキー。
曇りの予報だったが、頭上には青空と日暈(ひがさ)。
c0210644_2121317.jpg

今年はやはり雪が少ないのか、山頂から伸びる北尾根に乗るまで笹が結構出ていて疲れる。
と言うか17日に風不死岳に登って以来、運動不足だった自分。
体がなまっていたので、すぐに息が上がってしまう。なので写真少な目。
結局殆ど、minakayakさんに先頭を行ってもらった。

1時間20分程で山頂へ。
c0210644_21211317.jpg

風が無く暖かい山頂、景色を見ながらおしゃべりして50分も休憩。
山頂から眺め
932峰を中心に右に樽前山、左に風不死岳
翼を広げているような形で美しい。
c0210644_21212225.jpg

支笏湖方向
c0210644_21213035.jpg

噴煙を上げているような恵庭岳、右端にイチャンコッペ山、左に漁岳
c0210644_21213883.jpg

ホロホロ山方向
c0210644_21214751.jpg

太平洋も見晴らせるのだが、写真撮ってなかった。
大気の状態が良ければ、駒ケ岳・・・はさすがに見えないか。

下山は登ってきた時とは違う斜面を一気に降り、沢地形の倒木地獄に嵌りつつも53分で下山。

この山はやっぱり良いね。標高は661mしかないのに、見晴らし最高の不思議な山。
お手軽だし年に1回は登らないと。


2013/1/28 多峰古峰山 DMC-LX5
[PR]
by ms090 | 2013-01-28 20:45 | 冬山登山

厳冬の風不死岳に初挑戦

冬に登ってみたいと思っていた風不死岳にtarumae-yamaさん
初めてお会いするminakayakさんと行ってきました。

夏でも急登だと感じる北尾根ルート、冬は一体どうなってる?

8合目付近(標高約925m)までは、スノーシューで順調に進む。
しかし、さすがの北尾根。
全本的に傾斜はキツメで、結構な汗をかきながらの登り。
先頭はminakayakさん、後ろはtarumae-yamaさん
c0210644_2193638.jpg

8合目からはスノーシューでは危険な傾斜なので、アイゼンで登る。

ここからが大変でした。
正面は急斜面や吹き溜まりなので直登せずジグを切りたい。
しかし、左は崖、右も傾斜が急な細尾根。
更に木が混んでいて枝に遮られているため、開けているルートはほぼ夏道に沿った直登しかない。
直登しかないのだが、雪はサラサラすぎてキックステップで踏み込めない。
無理して登ろうとして滑ったら左右どちらかの斜面に落っこちる。
斜面に膝を押し込んで雪を圧縮し、そこに踏み込んで階段を作りながら少しずつ登る。

クラストして登り易い所やジグを切れる所もあったのですが、山頂までの標高差200mはとても
長く感じました。
そんな訳で、登るのに一生懸命でこの状況を写真に撮れなかったのが残念。

これはそんなに大変じゃなかった所で撮ったラッセルの様子
膝を使って斜面に作った階段を登る。
c0210644_21525130.jpg

急斜面や吹き溜まりでなければ、この程度のラッセル
c0210644_2156723.jpg

枝の中を潜っての登り
c0210644_2221828.jpg

お陰で全員上半身雪まみれ
しかし、ここまで来れば一安心。支笏湖ブルーが綺麗
c0210644_227152.jpg

山頂まで約2時間45分、12時に到着。
天気が悪くなってきているのですぐに写真撮影
c0210644_22105531.jpg

樽前山
c0210644_22123565.jpg

中央にホロホロ山
c0210644_22135361.jpg

セルフタイマーで全員で記念撮影
達成感で珍しくピースする左の私
c0210644_22142095.jpg

下山開始
c0210644_22213015.jpg

木の先は細尾根の急斜面
c0210644_22231747.jpg

c0210644_22232978.jpg

急斜面降り口にて
わっさわさと生えている憎たらしい枝、これがなければどんなに楽だったか
c0210644_22262543.jpg

下りは慎重に、ずっとこんな傾斜なので気が抜けない。ここは左右が広いからまだいい。
c0210644_22293097.jpg

最後にサービスショット。
スノーシューに履き替えてから、気が抜けたのか疲れてたのか、単に傾斜が急だったからか
全員何度か転びました(笑)
真ん中と左のの2本はスノーシューのシュプール、下りの半分くらいはテレマーク姿勢で滑り降りました。
c0210644_22323922.jpg


疲れたけど久々に本格的な山行で楽しかったです。
風不死岳が冬にあまり登られていない理由が分かった気がします。
1人でラッセルもキツイですが、滑落の危険性が高いルートなので複数で行った方が良い。
誘ってくれた二人に感謝です。

反省点として、8合目以降はスノーシューはザックに着けずデポすれば良かった。
使える場所はまったく無いうえ、枝が引っかかります。

2013/1/17 風不死岳 LX5
[PR]
by ms090 | 2013-01-18 22:40 | 冬山登山

厳冬の樽前山に6人で挑戦

 1人で登るには退屈すぎる道路歩きで、あまり登る機会のない冬季の樽前山。
 tarumae-yamaさん達が登ると言うことで、一緒に登らせてもらいました。

 結果は心配していた天気は晴れ、樽前山の強風にも恵まれ?
 単独行で味わえないとても楽しい登山でした。
 今回はかなり写真が多くなってしまった登山記です。


 長い道路歩きも話をしながらだと退屈せず楽しい
c0210644_2259979.jpg

 木から舞い落ちてきた雪が朝陽で輝いている
c0210644_230199.jpg

 7合目の小屋についた後はアイゼンを装着、tarumae-yamaさんがルートを指示してくれる
 樽前山の雄大で美しい斜面
c0210644_2323246.jpg

 堅雪にアイゼンを食い込ませながら進む
 強風で雪煙が舞っていてテンションが上がる
c0210644_2341976.jpg

 太陽がまぶしい。風は強いが直射日光と気温は高めの-11℃で、凍傷になるほどの寒さではなかった
c0210644_23111687.jpg

 いつの間にか先頭を歩いていた私。後ろはyahさんとしずさん。
 一番後ろのNAKさんはスキー靴の為、苦労していたようだ。
c0210644_23155555.jpg

 足元を流れる雪煙、遠くには苫小牧市街地と太平洋。すべてが美しい。
c0210644_23161924.jpg

 登るほどに角度が増す斜面
 先行するyahさんとしずさん
c0210644_23181652.jpg

 後続はtarumae-yamaさん、H原さん、NAKさん
c0210644_23203824.jpg

 標高が上がると突風で地吹雪が何度も襲ってくる
c0210644_23243845.jpg

 山頂間近のyahさん、しずさん
c0210644_2326362.jpg

 私はマイペースで写真撮影
 奥に岩頭の恵庭岳山頂と、手前に偽ピークと本ピークの二つの山頂がある風不死岳
c0210644_23272634.jpg

 支笏湖ブルーと白い山並みが美しい
c0210644_23304994.jpg

 山頂到着、体が押される強風にさらされながらの写真撮影。
 外輪山の曲線、吹き上がる雪煙、輝く太平洋、目線に浮かぶ雲、どれも綺麗だ
c0210644_2339056.jpg

 写真撮影中のH原さん、ロープの支柱が風で曲がっている?
c0210644_23415442.jpg

 写真撮影を終え、風を避けるためケルンの影で休憩中のしずさん、tarumae-yamaさん、yahさん
c0210644_23445281.jpg

 全員で記念撮影をするため山頂に戻る
c0210644_23453490.jpg

 左からtarumae-yamaさん、NAKさん、H原さん、しずさん、yahさん
c0210644_23472442.jpg

 カメラマンyahさん
c0210644_2350487.jpg

 記念撮影後下山開始。
 NAKさんとシュカブラ(風紋)
 樽前山は綺麗なシュカブラを見るためだけでも登る価値があると思う。
c0210644_23522621.jpg

 下山中も風は強い。
 手前はH原さん、後ろは写真撮影中のtarumae-yamaさん
c0210644_23535959.jpg

c0210644_23541182.jpg

 手前からH原さん、yahさん、先頭はしずさん
c0210644_02842.jpg

 真横から見ると斜度がキツイのが良く分かる。
 NAKさん
c0210644_073739.jpg

 tarumae-yamaさん
c0210644_09884.jpg

 最後におまけで私(写真はtarumae-yamaさん提供)
c0210644_041392.jpg

7合目ヒュッテ到着後、昼食をとってから駐車場まで全員無事下山しました。

危機に際して心躍る性格なので、7合目からの堅雪急斜面、雪煙舞う強風ですっかりハイテンションに。
メンバーのブログ記事を見ましたが、終始顔がにやけている程楽しかったです。

計画から準備、行動中の指示までして頂いたtarumae-yamaさんに感謝です。

2013/1/13 樽前山 LX-5
[PR]
by ms090 | 2013-01-15 22:43 | 冬山登山

新年初登りは樽前山

あけましておめでとうございます。(遅すぎですね)

10月のニペソツ山以来、ご無沙汰だった登山。
ブログをやっている方々と一緒に6名パーティーで登ってきました。

とりあえず速報版。
強風で体がふられる山頂
c0210644_0261616.jpg

今回のパーティー(左からtarumae-yamaさん、NAKさん、H原さん、しずさん、yahさん)
c0210644_0291545.jpg

この写真だけみると強風はたいした事なさそうですが、久々に心躍る迫力満点の登山でした。
詳細は15日アップ予定。

2013/1/13 樽前山 LX-5
[PR]
by ms090 | 2013-01-13 23:56 | 冬山登山

極寒の『白老岳945峰』

今年の山はとにかく寒い。
1月15日に登った時は、気温-15℃風速は20m近かったと思う。

雪煙舞う『白老岳』
c0210644_21383217.jpg

945峰手前の稜線上。
強風吹き荒れ、雪が流れている。
c0210644_2143233.jpg

c0210644_2151113.jpg

c0210644_2151213.jpg

写真を撮っていたら指の感覚が完全に無くなってしまった。
慌ててマッサージしたが感覚が戻るまでに結構時間が掛かった。危なかった(((( ;゚ω゚))))アワワワワ
それでも正常に動くLX5は凄いデジカメだ。

2012/1/15 白老岳945峰 DMC-LX5
[PR]
by ms090 | 2012-02-17 21:49 | 冬山登山

初挑戦 『白老岳945峰』

 今年の登り始めは、白老岳945峰へ。
初めて登るルート&ピーク。ここ最近、毎年同じ山ばかりだったので新鮮だ。

駐車場から沢に向かって進み、川を越え樹林帯を登っていくと見晴らしの良い尾根に出る。
振り返るとそこには羊蹄山が・・・曇って見えません。この時点で遠景は諦めた。
c0210644_236552.jpg

西の方角を見ると毎年登っている『白老岳』。右奥に『南白老岳』も見える。
c0210644_23112956.jpg

945峰への道。晴れ間を狙って撮影。
c0210644_231413100.jpg

945峰手前。枯れ木の樹氷が印象的。
c0210644_2320479.jpg

c0210644_23205561.jpg

雪庇が張り出す945峰到着。晴れていれば太平洋が見える。
c0210644_23225770.jpg

晴れていれば支笏湖や樽前山などが見える眺望の良い山だったのだが
2週連続で登っても晴れてくれなかったので、今年はもうこの山は終了。

2012/1/9&15 白老岳945峰 DMC-LX5
[PR]
by ms090 | 2012-02-15 23:42 | 冬山登山

初冬の風不死岳 2010

 11月末に風不死岳に登ったのですが今年は雪が少なくそんなに見ごたえが無かったので
 去年の写真をアップ。

登山道には5~10cm程度の積雪。
この時、初めてモンベルの『チェーンスパイク』を使ってみたが
雪がチェーンとスパイクにくっ付いて、イマイチだった。
c0210644_2150265.jpg

この山は斜度がきついので登るのに随分苦労したが、樹氷と青空に癒される。
c0210644_21512810.jpg

樹氷に覆われた偽ピーク。
c0210644_21551230.jpg

山頂から支笏湖を見下ろす。
c0210644_215652100.jpg

雪に覆われた樽前山
c0210644_21595159.jpg


昨日から今日にかけて結構雪が降った。ようやく冬らしくなってきた。

2010/11/29 風不死岳 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-12-04 22:06 | 冬山登山