カテゴリ:冬山登山( 59 )

白老岳山頂より

この間の続き。

登りの途中までは、晴れてたんですけど一歩遅かった。何とか樽前山は見えました。
いつも風が強い山頂
c0210644_19364990.jpg

山頂を北東斜面側から、帰りは右側の急斜面を駆け下りるのが楽しい
c0210644_19403093.jpg

シュカブラ(雪紋)越しに、南白老岳
c0210644_19422488.jpg

太平洋方向、晴れてたら綺麗な景色が拝めそう
c0210644_19431666.jpg

快晴の展望は逃したけれど、4回登った中で一番遠くまで見えました。
また来年にでもリベンジ。

2010/1/11 白老岳 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2010-02-07 19:47 | 冬山登山

白老岳山頂へ

過去3度、山頂に登っているが晴れてくれない山。

870mピーク到着。
綺麗な稜線で繋がっている『白老岳』と『南白老岳』。しばし、魅了される。
c0210644_23385115.jpg
c0210644_23385923.jpg

*レンズに収まらなかったので、2枚構成で撮りました。

870mピークを滑るようにして下りる。
c0210644_23432514.jpg

稜線到着。『南白老岳』を望む。
c0210644_23445787.jpg

右側の斜面を登り、『白老岳』山頂を目指す。
c0210644_2348335.jpg

今回、美しさに惹かれ初めて北西斜面(写真右側)を登ってみた。
斜度が結構ある上、固いクラスト斜面。
スノーシューで登れたが、斜面の途中で写真をノンビリ撮るならアイゼンの方が良いだろう。

続く。
2010/1/11 白老岳 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2010-02-01 23:59 | 冬山登山

雲の中のホロホロ山頂

雲に溶け込んでいく樹氷
c0210644_10244220.jpg

薄日差す
c0210644_1025787.jpg

雲の切れ間から地上を見下ろす
c0210644_10271551.jpg

下山途中、山頂を振り返る
c0210644_10282831.jpg

山頂では好天に恵まれなかったけど、これ位の雲なら逆に楽しめました。

2009/11/24 ホロホロ山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2010-01-23 10:33 | 冬山登山

ホロホロ山頂 冬

山頂への道程
c0210644_22242720.jpg

静かな頂
c0210644_22251620.jpg

ホロホロ山頂から見た『徳舜瞥山』
c0210644_22351843.jpg

山頂に着くと案の定、曇ってしまった。
『徳舜瞥山』の美しい頂を見れただけで満足。
もう1回続く。

2009/11/24 ホロホロ山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2010-01-20 22:37 | 冬山登山

ホロホロ山夏道からの雪景色

標高を上げると共に、樹氷の間から姿を現す素晴らしい眺め。

支笏湖と恵庭岳
c0210644_22121998.jpg

手前にホロホロ山北東尾根、中央に白老三山、右は恵庭岳、左に丹鳴岳
c0210644_22162152.jpg

樽前山と風不死岳
c0210644_22175590.jpg

ホロホロ山頂
c0210644_2219955.jpg

樹氷きらめく1260峰
c0210644_22230100.jpg

ホロホロ山(1,322m)は、2008年3月に冬道で1回登っている。
しかし、その時は視界10~20mほどで何も見えず。
今回、冬は峠が閉鎖され登れなくなってしまう夏道でリベンジを図った。

続く。

2009/11/24 ホロホロ山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2010-01-15 22:33 | 冬山登山

樽前山の雪化粧

11月20日に登った樽前山の残り放出。

東山山頂への道。
フリース姿の登山者。気温-6℃・風速17mで「よく寒くないものだ」と
妙に感心してしまった。
c0210644_20591482.jpg

ドーム付近の平原
c0210644_211581.jpg

西山ピークを望む
c0210644_2125581.jpg

外輪山上の登山ルートと太平洋
c0210644_213221.jpg


まだ、雪の一切無かった自宅から樽前山山頂まで車&登山で1時間20分程度。
こんなお手軽に、別世界に行ける私は幸せ者。

余談
[PR]
by ms090 | 2009-12-22 21:21 | 冬山登山

樽前山 風の通り道

雪と風による自然の造形美
c0210644_15222164.jpg

c0210644_1523731.jpg
c0210644_15231237.jpg
c0210644_15231881.jpg
c0210644_15232337.jpg


2009/11/20 樽前山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2009-12-12 15:24 | 冬山登山

厳冬の頂

c0210644_21404145.jpg

風雪舞う頂
c0210644_21454068.jpg

噴煙上げる溶岩ドーム
c0210644_2145577.jpg

c0210644_21495147.jpg

厳冬の樽前山溶岩ドーム
c0210644_21513971.jpg


11月20日、登山口までの道路が閉鎖する直前に訪れた樽前山。
山頂気温-6℃、風速17m/s、街は初冬だがここは厳冬だった。

今回は、最近見た雑誌『山と渓谷』に刺激され山岳写真風味で現像。
ピクチャースタイルをベルビア50、色温度5200KB、コントラスト高めで感じ出たかな?


2009/11/20 樽前山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2009-12-03 22:07 | 冬山登山

山を舐めちゃいけません

久しぶりに雪に触りたくて、標高1309mの【徳舜瞥山】へ。

あれれ?予定していた3倍以上の雪なんですけど005.gif
登りは、デジイチ出せる状況でなかったので写真は全て下り道で撮ってます。

最初の難関、恐怖丸太渡り。
(両足が乗るかどうかの幅でツルッツル。これは帰り道なので雪が積もっていない状態)
c0210644_20194150.jpg


30cm位の石ころゴロゴロ坂。雪で何処を踏んだら安全か分かりません。(;´Д`)
c0210644_20251620.jpg


思わぬ敵、美しき樹氷。
雪の重みで顔の高さまで枝が・・・ストックで払い、身を屈めて潜り抜ける。
c0210644_2037584.jpg


標高1220m付近、ハイマツ帯を抜けるとまともに雪と風が襲ってくる。
積雪はビザ上まで達しなかなか進めない、タイムアップで撤退。

9合目まで撤退して昼食。-5℃の中、カップラーメンを食べ余韻に浸る。
久々にアドレナリン全開で、ちょっとハイな気分。
c0210644_20402123.jpg


余談
[PR]
by ms090 | 2009-11-20 21:02 | 冬山登山