カテゴリ:紅葉登山( 8 )

2014年9月14日 姿見池~当麻乗越~中岳温泉 後編

裾合平に戻って中岳温泉目指す。
チングルマ祭り
当麻岳を振り返る
c0210644_293825.jpg

右に当麻岳~安足間岳の紅葉と、赤白のチングルマ絨毯
c0210644_2103717.jpg

左には熊ヶ岳~旭岳
c0210644_2124660.jpg

多分、旭岳裾野
c0210644_214553.jpg

熊ヶ岳裾野
c0210644_2175431.jpg

大塚~北鎮岳方向
c0210644_2212069.jpg

中岳温泉への道
c0210644_222141.jpg

道中、左右は絶景ばかり
熊ヶ岳裾野
c0210644_2225863.jpg

c0210644_2242921.jpg

c0210644_2244866.jpg

c0210644_2245869.jpg

大塚と安足間岳
c0210644_22641.jpg

中岳温泉は真ん中辺
c0210644_2264980.jpg

くつろぐ人達、私もここで昼食
c0210644_2265987.jpg

13時前にはガスが出てきた、3枚前の構図と一緒だがガスだと魅力半減
c0210644_227121.jpg

その後更に雲が降りてきて山を半分隠してしまったので殆ど写真撮らなかった。

帰りは14時30分頃にロープウェイ乗り場に着いた。
大渋滞で1時間近く待ってやっと乗れた。さすが紅葉まっさかり3連休。

下山後、湧駒荘は劇混みでシャワー出ず日帰り入浴お断り、お向かいにあるグランドホテル大雪には無事入れた。
17時にグランドホテル大雪から出たら雲がどこかへ消えていた。
下山後に晴れるお約束の展開かと思ったら、17時30分にはまた雲に包まれていた。
c0210644_23114932.jpg


紅葉は、綺麗な赤色を見るには1週間前だった感じかな?
まだ紅葉してない状態の良い葉や、赤くなりつつあるものなどあったので充分見頃とも言えるし
自分が満足できればそれで良し。

旭岳温泉から層雲峡に移動して車中泊。100kmもあって結構遠かった。
15日は黒岳から御鉢一周コース。

2014年9月14日 姿見池~当麻乗越~中岳温泉 
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2014-09-17 23:56 | 紅葉登山

2014年9月14日 姿見池~当麻乗越~中岳温泉 前編

紅葉狩りに14日~15日に大雪山に行ってきました。

写真撮りすぎて選ぶのが面倒なので速報版です
場所毎に写真整理して差し替えました。

朝5時45分に旭岳ロープウェイで出発。始発6時になってたけど人が多くて5時30分から運行してた。

まずは姿見池周辺散策。
ロープウェイ駅近くの紅葉が赤い!その奥には十勝連峰。
c0210644_128991.jpg

第一展望台より、紅葉と十勝連峰と忠別岳あたり
c0210644_2040179.jpg

日陰には霜が下りていた
c0210644_248838.jpg

朝日に照らされる十勝連邦カッコいい、草紅葉とか色々撮るもの多すぎて困る
c0210644_124371.jpg

声を掛けられて振り向くと、なんとTarochan!!
娘さんを連れて(写真右下)旭岳登山。お互い時間が無いので少しだけおしゃべりして分かれる。
c0210644_058575.jpg

定番の姿見に映る旭岳
c0210644_0584820.jpg

旭岳に日暈、もろ逆光で眩しい
c0210644_105918.jpg

裾合平を当麻乗越に向かって進む。
当麻乗越の位置が分かる写真撮ってなかったかも。
写真は左から当麻岳~安足間岳で、もっと左にある当麻乗越は写ってない
c0210644_1182762.jpg

当麻岳の裾野
c0210644_1315916.jpg

大塚の裾野
c0210644_1333644.jpg

振り返れば、旭岳の裾野
c0210644_1382819.jpg

更に熊ヶ岳の裾野
c0210644_1385136.jpg

更に進んで旭岳全景
c0210644_25471.jpg

左側のジグザグ道が当麻乗越への登りだがピークは何処か分からん、ここら辺赤い紅葉沢山で綺麗
c0210644_1192925.jpg

ピウケナイ川を渡渉する直前。当麻岳を見上げる。
c0210644_1435814.jpg

ピウケナイ川の渡渉ポイント(帰り道撮影)
c0210644_147627.jpg

当麻乗越ピークより
旭岳~姿見池方向
c0210644_148671.jpg

姿見池~ロープウェイ方向
c0210644_1505391.jpg

左の崖がピウケナイ川、真ん中は無名の沼、右側に沼の平あるのだが雲で見えず
左側手前にある岩はなんだ?丸っこい岩が乗っていて面白い。
c0210644_1532290.jpg

1日分を2つの記事に分けてアップしますので後編へ続く。

2014年9月14日 姿見池~当麻乗越~中岳温泉 
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2014-09-17 01:43 | 紅葉登山

2013年10月27日 アポイ岳

昨日は、白老山岳会のTarochan、師匠、Sさんの3名とアポイ岳登山。

当初は私の希望で黒松内岳に行く予定でしたが、雨予報だったので朝6時集合地点にて急遽作戦会議。
晴れ予報が出ていたのは浦河方面のみで、消去法でアポイ岳へ遠征決定。

登山口に9時半頃到着。快晴&紅葉のお出迎えでテンションは上々。
c0210644_22202058.jpg

c0210644_22202946.jpg

紅葉は早いのか遅いのか?少なかったが色が綺麗に出ていた。
c0210644_22205627.jpg

整備された気持ちの良い登山道を登り5合目へ。ここでやっと視界が開ける。
馬の背と山頂
c0210644_22231193.jpg

5合目から先は絶景ばかりで、写真を撮るのに忙しくなかなか進めないw
c0210644_22255127.jpg

c0210644_2226674.jpg

海が青くて綺麗
c0210644_22271537.jpg

海岸線も美しい
c0210644_2228120.jpg

馬の背に出ると、日高の山々が。
右側が多分ピンネシリ、左側は良く分からない
c0210644_22303098.jpg

左側をズーム
c0210644_22325718.jpg

馬の背から右にアポイ岳、左が吉田岳
c0210644_22321043.jpg

山頂に向けて高度を上げていくと、風が強く結構寒かった。
それでも合羽を着込んで、どんどん変わる景色を撮りまくり。
振り返れば馬の背と海
c0210644_22382421.jpg

ピンネシリの奥になんか別の山も見えてきた♪
c0210644_22392357.jpg

12時山頂着。
山頂に背の高い木が生えていて不思議な感じ
c0210644_22414746.jpg

見晴らしは悪いが、風除けになっていて強風でものんびりランチ。
c0210644_22432012.jpg

襟裳岬は山頂から少し見えるだけだったのは意外
c0210644_22442328.jpg

下山はずっと海を見ながらで気持ちがいい
c0210644_22461742.jpg

快晴の空と低い雲
c0210644_22471175.jpg

背の高い松が生えていて不思議なポイント
c0210644_22491726.jpg

馬の背からの下り、名残惜しくて下るのがもったいない
c0210644_22502160.jpg

5合目から見晴らしは悪くなるが、紅葉が目を楽しませてくれるので疲れを感じることなく下山。
c0210644_22525023.jpg

c0210644_2253061.jpg

c0210644_22531014.jpg

アポイ岳、登山道は歩きやすく、景色も素晴らしい良い山でした。

未踏だった日高山系とアポイ岳。
ひょんなことから行くことになり、最高の天気の中楽しくお喋りしながら登れてとんでもなくラッキーでした♪

2013年10月27日 アポイ岳 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2013-10-28 23:01 | 紅葉登山

2013年10月12日 天気に翻弄されたホロホロ山

お気に入りブログに登録している『Tarochan』のたろちゃんが10月5日に
『デジカメ持って野に山に』のtarumae-yamaさんが10月10日に登った紅葉見頃のホロホロ山。

紅葉が日にちの経過と、昨日の雨の影響でどの程度変化してるか確認したくて曇り予報の多い
微妙な天気だったが昼から登ってきました。

登山口から見える紅葉
晴れていれば綺麗だと思う
c0210644_21361946.jpg

綺麗な紅葉に目を奪われ、渡渉箇所を見逃しルートを外れて沢を登ってしまったw
c0210644_21401573.jpg

結局、ルートを外れたこの沢で撮った紅葉が一番綺麗だった。
この時は、まだ太陽が結構出ていたのも良い印象に残ったのだと思う。
c0210644_2141169.jpg

途中で気がつき正規のルートに戻ると程なく小雨が。。
しばらく、合羽を着ないで頑張ったが一向に止む気配が無いので合羽を着てデジイチをザックにしまう事に。
小雨の中、目に付いた紅葉をLX5でサッと撮りながら登る。
c0210644_21484998.jpg

c0210644_21485810.jpg

昨日の雨で渡渉箇所の飛び石が水没しかかっている。登山靴であれば問題ないレベルでした。
c0210644_21501679.jpg

この白老ルートは2009年に通行止めの林道歩きで登った事はあるが、この沢沿いの登山道は初めて。
渡渉有り、ロープ場有り、アップダウン有りと結構面白い。
c0210644_2154070.jpg

しかしこの日は、雨で濡れた落ち葉が滑る
c0210644_21545439.jpg

天気が回復したのでデジイチを出し撮影開始、しかしまた直ぐに雨が。。。
c0210644_2156543.jpg

この日の登山口出発は12時20分、もともと山頂に行く気は無かったので4,5合目をちょっと登った所で
引き返す。4,5合目以上の紅葉は殆ど落ちてました。

帰りは林道を下ったのだが、2009年11月24日に来たときとはえらく変わってしまっていた。
林道を塞ぐ、地滑りで落ちてきた木。絶妙なバランスで立っているのが面白い。
c0210644_2263612.jpg

林道の一番崩落していた箇所。左下から右上に道路が繋がっていたのだが、川で完全に寸断されている。
c0210644_2210080.jpg

しかし、林道からの紅葉もかなり綺麗。
雨でこれだけ綺麗に見えるのだから晴れていればどれだけ綺麗だったか。
c0210644_2274183.jpg

c0210644_2282056.jpg

まったくもって雨に翻弄された登山。雨の為に合羽を着たのはこれが初めてかもしれない。
マピオン天気予報で徳舜瞥山に雨マークがあったのだが、見事的中してました。

15時に登山口着。
紅葉は、登山口から3合目位までは見頃だったかな~と言った印象。
紅葉を楽しむためには、登山道と林道の双方を歩いたほうが良いです。

そういえば車で登って来る際に、木が道に倒れこんでいて焦った。
結構低い位置にあったが、RV等は通れるのだろうか?
*写真は下山時に撮影
c0210644_222767.jpg


余談)
先月、外出時のネットと暇つぶし用にスマホ( Xperia acro HD SO-03D)を買ってみた。
(回線接続は月980円のOCNモバイルone、ドコモとかauとの契約はしてない) 

今回は、登山用ハンディGPSとして使えるかちょっとテストしてみた。
地図ロイドアプリで、予め地図をSDカードに保存しておけば通話エリア外でもまったく問題ない。
スマホを機内モードにして、バッテリー節約すれば2時間半で8~10%程度の消費。20時間位は使えそう。
山旅ロガーでトラックの取得&出力(カシミール等で利用可)、山行中に地図ロイドにトラックを表示させて
標高、移動距離などの表示も簡単に出来た。

夏山ではほとんどGPSを使った事はないが、いざと言うときに使えそうです。
冬山は、耐寒性能や操作性からガーミンのGPSが今まで通りメインで予備としてスマホを使うのが良さそう。
(私の場合、電話はガラケーを別途持っているのでバッテリーは気にしないで済みます。)

2013年10月12日 ホロホロ山 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2013-10-12 22:49 | 紅葉登山

2013年10月6日 イワオヌプリ

前回の3箇所の紅葉狩りの続きです。

10月6日は曇り予報だったが、15時から晴れマークが付いていたのでそれに期待してサクッと登れる
イワオヌプリに登ってみました。

15時20分、薄曇だった空が気持ちの良い青空に。
登山道から見上げるイワオヌプリ南斜面。茶色っぽい紅葉が目立つ。
c0210644_2144117.jpg

ニトヌプリ、チセヌプリ、シャクナゲ岳方面。
紅葉はイマイチだが、傾いた日差しを浴びて絶景に。
c0210644_2147049.jpg

シャクナゲ岳~ワイスホルン方面の写真を適当にアップ
c0210644_21485510.jpg

c0210644_2151343.jpg

c0210644_21524869.jpg

日が陰ると、なんとも無機質な光景。これはこれでなかなか。
c0210644_2154461.jpg

山頂部の写真。イワオヌプリは本当の山頂(写真中央右寄り)より、手前に写っているケルン側の方が好き。
中央左寄りがニセコアンヌプリ、その左横が羊蹄山。
c0210644_2233693.jpg

山頂部から見る紅葉はこんな感じ。夕日効果で綺麗に見える。
ワイスホルン方向
c0210644_21583275.jpg

アンヌプリ北西斜面
c0210644_2159104.jpg

お楽しみは山の上から見る夕日。この日は雲が主役でした。
c0210644_226876.jpg

c0210644_2261778.jpg

最後に、夕日で赤く染まったイワオヌプリとニセコアンヌプリの斜面を見ながら下山。17時登山口着。
c0210644_2285790.jpg


15時までは殆ど青空の見えない一日でしたが、予報通り晴れてくれたお陰で最後に気持ち良く締めることが出来ました。
帰りは『国民宿舎雪秩父』の温泉。5個もある露天風呂で星空を満喫。
更に昆布温泉で、甘露水を汲んで美味しい水を飲みながら帰宅。

2013年10月6日 イワオヌプリ KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2013-10-09 22:16 | 紅葉登山

2013年9月29日 上ホロ~富良野岳 紅葉速報

9月28~29日に上ホロでテン泊してきました。

とりあえず、今が旬の紅葉写真だけ先にアップします。

下ホロカメットク山~富良野岳間の南側が多分見頃。
c0210644_2154266.jpg

紅葉、雲、遠くの山々、好きな組み合わせです
c0210644_21541625.jpg

下ホロカメットク山?境山? 何の山かは良く分かりません。
c0210644_21544026.jpg

この日は風が強く、12時過ぎには雲が湧いて一時視界不良になるほどでしたが
富良野岳山頂で昼食を食べていた間30分程度で収まってくれ丁度良かったです。
c0210644_21552126.jpg

沢地形は冷気の通り道だからか、一番綺麗でした
c0210644_21554239.jpg

c0210644_21565166.jpg

凌雲閣側の斜面はまだまだこれからって感じでした。

今回は前日に急遽登山したくなり、テン泊するのに手軽な上ホロに行こうという事で
紅葉のことは一切考えずに出発しましたが、綺麗な紅葉が見れてラッキーでした。

登山の記事はこれから少しずつアップします。

2013年9月29日 上ホロカメットク山~富良野岳 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2013-10-01 05:53 | 紅葉登山

紅葉のイチャンコッペ山

 トムラウシ登山の余韻から覚め、紅葉狩りにイチャンコッペ山へ。

 山頂までは行かず、反射板ピークを越えた稜線上。
 紅葉と支笏湖、左に『紋別岳』、右に『樽前山』と『風不死岳』を眺めながら
 カップヌードルとおにぎりでリッチな昼食タイム。
c0210644_7313694.jpg

c0210644_7321429.jpg

 帰路、14時頃。
 西日が紅葉を鮮やかに照らす。
c0210644_7342462.jpg

c0210644_7344024.jpg

c0210644_735493.jpg

 紅葉は緑・黄色・赤の競演が一番好き。今回はおまけで湖畔の青も。
c0210644_740050.jpg

 色付きは5割程度。これくらいが、私的には見頃。

2011/10/11 イチャンコッペ山 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-10-16 07:43 | 紅葉登山

クッチャンベツから高根ヶ原目指して

シルバーウィーク(9/21)。
紅葉の大雪山は混雑するに決まっている。

そこで、大雪山ではマイナーなルート(クッチャンベツ登山口~五色岳方面)を行く事に。


丸太橋を渡り
c0210644_2121578.jpg

大きく成長した霜柱を横目に登る
c0210644_21225319.jpg

すると紅葉の森
c0210644_21232271.jpg

紅葉トンネルと急登。
彼らはヒサゴ沼でテント泊、重荷を担いで登っていく。
c0210644_2125593.jpg


2009/9/21 KissX2+シグマ18-125mmOS+C-PL
[PR]
by ms090 | 2009-10-01 21:32 | 紅葉登山