カテゴリ:ご来光登山( 19 )

2014年11月30日 初冬の羊蹄山ご来光

羊蹄山にご来光登山に行ってきました。

比羅夫コースから6名で挑戦したのですが途中で2名が下山。
positive51さん、Nさん、Yさんの4名で登った。
5合目からの雪で木や枝が垂れ下がり、登山道を通せん坊&道不明瞭攻撃。
雪が柔らかくラッセル、踏み抜きで4名全員ボロボロになりながらなんとかご来光を拝んできました。

0時に出発。2合目付近でこの程度の積雪で余裕でした。
c0210644_2042854.jpg

5合目からは雪で倒れた木と枝攻撃。
屈む、跨ぐ、這い這い、匍匐前進、枝を巻いて笹やハイマツの上をスボズボ進む、不明瞭な登山道を探し
あっち行ったりこっち行ったり、どんどん体力が奪われていく。
c0210644_20472676.jpg

たいした雪が乗っているようには思えないけど、木や枝がこんな感じに登山道に被ってます。
c0210644_20593956.jpg

5合目(1059m)から、9合目(1680m)手前の森林限界(1650m)まで約3時間掛かりました。
5時10分、森林限界(1650m)でアイゼンを装着。
c0210644_2173168.jpg

森林限界以上は雪が締まって歩きやすいだろうと思っていたら、雪が緩くハイマツを踏み抜き
なかなか進まない。ご来光のタイムリミットも迫り心が折れてくる。
とりあえず夜景と星を見て心を癒す。
c0210644_2111874.jpg

空が明るくなってきた。
c0210644_21144153.jpg

c0210644_21151196.jpg

稜線はもうちょい。
c0210644_21154663.jpg

c0210644_2116173.jpg

6時14分、稜線(1840m)到着。200m登るのに1時間もかかるとは。
c0210644_21182913.jpg

6時17分、旧小屋分岐到着。
c0210644_21193289.jpg

c0210644_22311844.jpg

ここで悩む。
山頂に行くには左に曲がって北側に進む方が楽なのだが、朝焼けの空の感じだと太陽は夏に比べてかなり
南寄りになっている。
日の出時間まであと20分しかなく北側に進んだ場合、山頂稜線が邪魔でご来光が見れない可能性が出てくる。
2名が遅れていることも考慮して、ご来光を確実に見るため南側を進むことにした。
旧小屋分岐標識と比羅夫側稜線。
c0210644_21405999.jpg

6時30分、外輪山南側1866mに到着。左端が山頂。
c0210644_21442710.jpg

丁度、白老岳の空が明るい。ご来光は見れそう。
c0210644_21451613.jpg

思ったより2名が遅れている。もしかして間に合わないかも(汗)
c0210644_21455687.jpg

待っている間に、洞爺湖側の空。
c0210644_22383430.jpg

山頂へ続く稜線。山頂は真ん中。
c0210644_21475398.jpg

なんとか2名も間に合いそう。
c0210644_2150774.jpg

6時37分、ギリギリで4名全員到着。
c0210644_21504857.jpg

6時40分、ご来光寸前。
c0210644_2152257.jpg

6時41分、ご来光。
c0210644_21563362.jpg

c0210644_2153544.jpg

c0210644_21564816.jpg

c0210644_2158533.jpg

c0210644_2159745.jpg

小屋泊まりの2名。
羊蹄山からの景色はつまらなくてあまり好きではないのだが高度感はあるよね。
c0210644_2223189.jpg

うーん美しい。
c0210644_2242494.jpg

c0210644_2243754.jpg

ここまで来るので体力の限界、山頂はまた今度。
(稜線上も踏み抜きがあるし、雪の状態が悪くて体力消耗しすぎたよ。)
c0210644_2274859.jpg

比羅夫側外輪山に日が当たる。
c0210644_2283761.jpg

小屋への寄り道。今回唯一の尻すべり。
c0210644_22123282.jpg

手前が旧小屋、奥が新小屋。
c0210644_22131735.jpg

新小屋を覗く。トイレの匂いが外も中も漂っていて非常に臭い。とてもじゃないが泊まりたくはない。
c0210644_22135458.jpg

中の作りも??寝る場所狭くて無駄なスペースが多いような気がする。
c0210644_2214108.jpg

小屋から比羅夫コースへ戻る。夏道を外すと踏み抜き地獄。
c0210644_22192590.jpg

この尾根を登ったんだな。
c0210644_22204799.jpg

斜度がある所はあるな。
c0210644_22212246.jpg

登りの足跡に合流。
c0210644_2237181.jpg

あとは長い長い下り。行きで通った木や枝をまた同じように避けなきゃいけないのがキツイ。

ご来光は見れたし、初冬の羊蹄山の辛さも分かったし良い経験でした。

出発:0時 下山:11時15分
登り:6時間40分 下り:4時間(小屋寄り道含む) *ご来光休憩含まず
c0210644_1493583.jpg


2014年11月30 羊蹄山
LX5
[PR]
by ms090 | 2014-12-01 22:30 | ご来光登山

2014年10月11~12日 緑岳~白雲岳避難小屋泊 中編

前編後編の予定でしたが、ご来光だけで中編も出来ちゃいました。

星を23時30分まで見た後はご来光に備えて3時まで就寝。
3時30分小屋を出発して緑岳稜線へ向かう。
白雲岳と避難小屋。
c0210644_22103961.jpg

分岐から一山登ったところでご来光鑑賞会開始。
4時30分星空に赤いグラデーションが出てきた。
c0210644_22134341.jpg

4時52分
c0210644_22231815.jpg

5時9分だんだんと空が明るくなってきた。
c0210644_22174690.jpg

日の出前の水墨画みたいな時間も好きだ。
c0210644_22233268.jpg

北側の方角、何の山だろう。
c0210644_22234272.jpg

石狩山地とニペソツ山。
c0210644_22235647.jpg

5時34分ご来光キター。
c0210644_2229147.jpg

ただただ、太陽が昇っていくのを眺める。
c0210644_22294314.jpg

c0210644_2236334.jpg

c0210644_22364386.jpg

c0210644_22365456.jpg

周りの山々も照らされている。
c0210644_2238393.jpg

どうしてもニペソツ山はアップで撮ってしまう。(手振れで残念)
c0210644_22381476.jpg

緑岳~トムラウシ~十勝連峰。
c0210644_224053.jpg

トムラウシ~十勝連峰アップ。
c0210644_2241899.jpg

6時ごろ撤収。
快適な夜を過ごさせてくれた白雲岳避難小屋に帰還。
c0210644_22415780.jpg

ご来光が見れて満足満足。

次は白雲岳~下山で終了です。

2014年10月11~12日 緑岳~白雲岳非難小屋泊
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2014-10-15 22:44 | ご来光登山

2014年7月20~21日 銀泉台~高根ヶ原~白雲テン泊~白雲岳~緑岳 ご来光

 白雲岳からのご来光。

3時58分、太陽が顔を出した!
c0210644_18205218.jpg

完全に顔を出した太陽
c0210644_18215295.jpg

c0210644_1822384.jpg

c0210644_18235075.jpg

光り輝く空と雲海(空は白トビしちゃった)
c0210644_1824511.jpg

左にニペソツ、中央はトムラウシ、右は十勝連邦
c0210644_18292590.jpg

朝焼けのトムラウシと奥に日高山脈
c0210644_1826316.jpg

手前に緑岳、奥に石狩山地とニペソツ&ウペペサンケ
c0210644_18261880.jpg

ニペソツ&ウペペサケ、カッコよす
c0210644_1827266.jpg

最後に、影白雲岳と旭岳。
c0210644_18331240.jpg

この日のご来光登山は白雲岳に9名、緑岳と小泉岳の中間付近に1名、緑岳に何名か居ました。
今度は別の場所から見るのも面白いかも。

星景やご来光用に高感度に強くてダイナミックレンジの広いカメラが欲しくなってきました。
KissX2は6年前のカメラだし、LX5はコンデジな上、液晶に線が入る不具合が出てきてしまったし
新しいカメラ欲しいな。

次は、今回の縦走で気に入った写真を適当にアップするかも?しない可能性もありですw

2014年7月20~21日 銀泉台~高根ヶ原~白雲テン泊~白雲岳~緑岳 
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2014-07-26 18:44 | ご来光登山

2014年7月20~21日 銀泉台~高根ヶ原~白雲テン泊~白雲岳~緑岳 夜明け前

 今回のテント泊、一番のお楽しみ夜明け前の空。
1時に起きて、2時に白雲テント指定地を出発。

2時55分、白雲岳山頂到着、とりあえず雄たけびを上げる
c0210644_2315492.jpg

日の出まで1時間近く前だけど、空は少しずつ明るくなってきている
c0210644_232415.jpg

これが見たかった。
3時10分にはもう、空に綺麗なグラデーションが出てきた
c0210644_23145374.jpg

c0210644_2315317.jpg

3時半、どんどん空が明るくなってきた
c0210644_2316420.jpg

朝焼けと雲海
c0210644_23155637.jpg

私以外の、ご来光を待つ人達到着、トムラウシに十勝連峰も良く見える
c0210644_23174964.jpg

3時45分
大分空が明るくなってきた
c0210644_23185899.jpg

知床のどこかの山、羅臼岳かな?
c0210644_2320186.jpg

天の川が見れなかったのは残念でした。

次回更新はご来光です。

2014年7月20~21日 銀泉台~高根ヶ原~白雲テン泊~白雲岳~緑岳 
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2014-07-22 23:23 | ご来光登山

2013年6月29~30日 表大雪縦走 『中編』

今回は『桂月岳山頂からのご来光』と『北鎮岳山頂からの絶景』メインでアップします。
やっぱり2回で終わる写真の量ではありませんでした。

黒岳石室を2時50分に起床して、桂月岳山頂に3時15分到着。お手軽なご来光ですな。
この日は暖かく5℃位はあったと思う。風もなく快適なご来光でした。

一番乗りはこの2名、かなり早く来たらしい。私は2番目でした。
c0210644_21522440.jpg

実はご来光自体より、夜明けで色が変化していく景色の方が綺麗で好きだったりする
メッチャ綺麗でため息が出る
c0210644_21543178.jpg

ご来光の始まり、光の柱が!!
c0210644_22412171.jpg

c0210644_2157185.jpg

c0210644_21572093.jpg

3時50分ご来光
c0210644_21582350.jpg

日が昇り幻想的な景色に
c0210644_21593352.jpg

c0210644_21594020.jpg

c0210644_21595116.jpg

c0210644_22019.jpg

今回初挑戦。LX5で360℃パノラマ撮影。
ご来光を中心に、左が凌雲岳、中央から右側が黒岳~御鉢平~凌雲岳で360℃一周。
これはなかなか凄い機能です。
c0210644_22152537.jpg

すっかり夜が明けた表大雪
こんな良い天気の中、この広大な山の中を歩き回れると思うと今からワクワクする。
c0210644_22102261.jpg

夜明けの山頂でまったりした後、4時40分に石室に戻る
朝食を食べ、6時に石室出発

お花畑のお出迎え
中央に出発してきた黒岳、左隣が夕日とご来光を拝んだ桂月岳
c0210644_22131417.jpg

今度は大雪渓のお出迎え
c0210644_22174878.jpg

7時40分 表大雪の展望台『北鎮岳山頂』到着

今度は黒岳~旭岳までのパノラマ撮影(360℃撮影したのだがちょっと失敗してしまった)
大雪山のスケールは普通の広角レンズでは収まらないので、今回パノラマ撮影を多様してみた。
山の全体像が分かりやすくて良いです。
c0210644_2217050.jpg

空気が澄んでいて素晴らしい眺め
登ってきた人達からの歓声が絶えない
c0210644_22184829.jpg

御鉢平を一望
お鉢の上には、左から白雲岳、中央の変な形のピークが忠別岳、五色岳、化雲岳、トムラウシへと続いている
c0210644_22204255.jpg

アングル的にこの景色が一番好きかも
左下から中央まで延びる登山道を歩いて、右に行けば旭岳、左に行けば御鉢一周もしくは白雲岳へ
c0210644_22214227.jpg

この日は遠望が凄かった
まずはトムラウシ、更に奥の山々までクッキリ
*PLフィルター使ってないです。
c0210644_22242488.jpg

十勝連峰
c0210644_22271164.jpg

鳥帽子岳の奥に阿寒の山々(直線距離約100km)
c0210644_22275271.jpg

左から安足間岳、比布岳、愛別岳だと思うのだが・・・
c0210644_223357100.jpg

愛別岳の右側になんと利尻山まで見えた!(直線距離約211km)
なかなか見ることが出来ないらしいのでラッキーです
c0210644_2235017.jpg

当初は白雲岳に行く変わりに、北鎮岳はパスする予定だったがあまりの天気の良さに寄り道。
往復30分だし良いかな~と思ったら山頂に20分も滞在してしまいかなりのタイムロス。
しかし、それに見合った収穫でした。

今回はここまで。次回で終わりの予定。

行動時間
29日 14:45黒岳7合目-16:10 黒岳山頂-16:30~18:35 黒岳石室
    -18:50~20:00 桂月岳-20:10 黒岳石室
30日 3:00 黒岳石室-3:15~4:30 桂月岳-4:40~6:00 黒岳石室-7:40~8:00 北鎮岳
    -8:30 中岳-9:00 間宮岳-10:00 北海岳-11:40~13:00 白雲岳-15:20~50 黒岳石室
    -16:55 黒岳7合目

2013年6月29~30日 表大雪 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX-5
[PR]
by ms090 | 2013-07-05 22:05 | ご来光登山

2013年6月4日 樽前山ご来光登山

今年の夏山最初は樽前山ご来光

3時登山口出発
明るくなるのが結構早く焦るw

3時22分 支笏湖
c0210644_18465737.jpg

千歳・苫小牧方面は雲海
c0210644_18471837.jpg

今日は三日月、雲海の下には苫小牧市街地
c0210644_18473453.jpg

溶岩ドームと羊蹄山こんにちわ
c0210644_18474982.jpg

支笏湖に雲の滝
c0210644_18482542.jpg

山頂到着2名が待機中
c0210644_18485957.jpg

今日は夕張山地からご来光の予定だが雲があってなかなか出てこない
c0210644_18485055.jpg

4時10分 10分ほど遅れてご来光
雲の上は霞のない快晴で光が強い
c0210644_18494353.jpg

エキストラ2名を入れて
c0210644_18503673.jpg

c0210644_18504730.jpg

ご来光って光に包まれるような感じがして心地よい
c0210644_18515391.jpg

山裾の樹海も綺麗だ
c0210644_18521731.jpg

大気が澄みすぎていてあんまり朝焼けにならなかったのが残念
一応左奥に羊蹄山も朝陽をあびて輝いている
c0210644_1854076.jpg

最後に広角24mmで
c0210644_18542194.jpg

*LR4で写真を現像したら、空のグラデーションに縞々(バンディング)が発生する orz
4日23時追記:LX5、K100Dの写真でも出る。DPPだと出ない・・・LR4が原因か~

10月にニペソツ山で見て以来のご来光。早起きは辛いですが、やっぱり気持ちが良い。
これだけ快晴のご来光は久々かも。

欲を言えばもうちょっと雲海が近くにあって、朝焼けしてくれれば最高ですね。

山頂は10m近い風で体感温度は中厚フリース手袋でも手が冷たかったので5℃以下。
Tシャツ&ロンT&ポーラッテックフリース素材ロンT&合羽でも寒かった。
防寒着に化繊中綿のレッドポイントライトジャケット持って行って良かった。
まだこの時期のご来光は防寒をしっかりしたほうが良いです。

快晴の樽前外輪山めぐりに続く

2013年6月4日 樽前山 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX-5
[PR]
by ms090 | 2013-06-04 18:51 | ご来光登山

2007年12月 紋別岳のご来光

雪景色の写真整理ばかりしてたら飽きてきた。
この間、紋別岳に登った時に2007年12月に行ったご来光登山を思い出したので今頃アップ。

6時29分、初登頂。
c0210644_2201782.jpg

6時43分、水平線と雲の隙間からチョビッとご来光
c0210644_2214057.jpg

太陽がなかなか雲から出ず15分以上待たされ
7時1分、キター!!
c0210644_2232967.jpg

7時3分、太陽が昇り拡散していた光が収縮していく
c0210644_2242638.jpg

7時6分、光芒がどんどん変化して目が離せない
c0210644_225151.jpg

魚眼レンズの13mm、超広角撮影
光芒でえらいことになっている厚真の発電所付近と、対照的な支笏湖周辺
c0210644_229796.jpg

雲の上下でもまったく違う
c0210644_22102074.jpg

曇りでご来光はダメかと思ったが、期待以上のものが見れて満足。

現像ソフト『Adobe Photoshop Lightroom 4』の試用で、雪景色以外もテストしたくなり
5年以上前のご来光写真を現像してみた。
以前はK100Dに付いていた『PENTAX PHOTO Laboratory 3』と言う現像ソフトを使っていたのだが
さすがに性能が段違い。ハイライトの粘りとシャドー部の復元能力が凄い。
現像ソフトの進化で、5年前では再現できなかった写真が出来た。

2007/12/1 紋別岳 K100D + DA18-55mm & シグマ55-200mm & DA10-17mm
[PR]
by ms090 | 2013-02-17 22:29 | ご来光登山

トムラウシ山頂からのご来光

 5時37分、やっとご来光。完全に太陽が出たわけではないがこれはこれで美しい。
c0210644_20133998.jpg

 逆光でないお陰で美しい山並みと空模様を拝むことが出来た。
 色のグラデーションが最高だ。
c0210644_20174086.jpg

 ため息が出るほどの朝焼けと山並み
c0210644_20195031.jpg

 空気が澄んでいて100km以上先の阿寒の山々、雌阿寒岳の噴煙まで見える。
c0210644_20243090.jpg

 左下に大雪を代表する高層湿原(標高1420~1460m)、沼の原が輝いている。
 ここは2009年9月に日帰りで登った。大沼に写り込むトムラウシを見ながらテン泊をして見たい場所。
c0210644_20335033.jpg

 朝焼けが美しくて、何度も撮っていたら同じような写真ばかりになってしまった。
 選ぶのが面倒になったので、気に入ったのをアップ。

 もう1回だけ続きます。
 
2011/9/19~20 トムラウシ KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-10-09 20:37 | ご来光登山

トムラウシの夜明け

 午前0時に、テントが強風でバタつく音で目が覚めた。
 外は結構荒れている。果たしてご来光は見れるだろうか?

 目覚ましで3時半起床、相変わらず風は強い。気温は-2℃。
 何の迷いもなく、出発の準備を始める。
 山頂までは30分だが、所々マーキングされた岩場をヘッドラントの明かりのみで登らなければ
 ならないので余裕を見ないとまずい。
 
 朝食をとってから4時過ぎに登り始めるが、他には誰も登って来ないようだ。

 空が少しずつ明るくなってきた。急いで山頂へ向かう。4時55分山頂着。
 誰も居ない山頂。
 『孤高の山の頂』で1人きり、こんなに気持ちのよい事は無い。登山で初めて大声で歓声を上げた。

 赤く染まっていく北大雪の空
c0210644_195722100.jpg

 北大雪の主峰、武利岳と武華山
c0210644_19581094.jpg

 5時6分、北見富士の上に太陽があるようだがなかなか姿を現さない
c0210644_19583489.jpg

 5時30分、ご来光はまだ。空が明るくなっていく、誰も居ない山頂からの眺めを楽しむ。
 左から北大雪の山々、真ん中付近に北見富士、右側は東大雪の山々
 右奥には直線距離で100kmは離れている雄阿寒岳も見える。
c0210644_19585664.jpg


 今日はもう眠いので、また明日続く。

2011/9/19~20 トムラウシ KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-10-08 22:10 | ご来光登山

2007年 羊蹄山頂からのご来光

 注) これは2007年撮影です。

今日は3連休初日ですね。
私は今頃、羊蹄山の小屋で寝ているはずだったのですが・・・雨雨雨。
4年ぶりのご来光登山中止です。orz

そんな訳で昔の写真で我慢。

雲海から顔を出す太陽
c0210644_20385367.jpg

ご来光キター!標高1898mからの眺め
c0210644_20395545.jpg

その美しさに見惚れる
c0210644_20405463.jpg

今度はいつこんな綺麗なご来光を拝めるのだろう
c0210644_2043760.jpg

2007年当時には無かったPPL3の現像機能を使って写真を再現像。
2~3枚目の暗部をシャドー補正で見易く、雅仕上げで印象的にしてみました。
RAWで撮っておくと便利だね。

北海道に梅雨は無いと言われてますが期間が短いだけでちゃんとあります。
今年は結構長い気がする。何時になったら明けてくれるのだろうか?

暑くなる前に登るラストチャンスだったのですが、次は秋頃に行くしかないですね。


2007/7月1日 羊蹄山 K100D+DA18-55mm & DA10-17mm
[PR]
by ms090 | 2011-07-16 20:54 | ご来光登山