<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4年ぶりの樽前ガロー Part1

苫小牧の隠れた名所

樽前ガローのガローとは「崖の間を川が流れる場所」を意味します。

樽前山噴火でできた溶結凝灰石を、下に流れる樽前川が浸食して形成された地形。
苔に覆われた絶壁が全長2Kmほど続いている。
c0210644_2225680.jpg

今年はどうやら水量が多く、苔は少々枯れ気味で緑色がちょっと悪かった。
c0210644_223334.jpg

洞窟っぽく
c0210644_2272066.jpg

綺麗な苔に覆われた巨大な岩が目を引いた。
c0210644_22112286.jpg


4年ぶりに訪れたが、やはり素晴らしい。
もう1回続く。

2011/7/29 KissX2+シグマ18-125mmOS & EF-S10-22mm
[PR]
by ms090 | 2011-07-31 22:14 | 滝・渓流

2010年 雌阿寒岳から見るオンネトー

今回の雌阿寒岳登山、酷暑に耐えて登れたのには理由がある。
それは、オンネトーを山の上から見る楽しみがあるから。

標高を上げる毎に、見える姿と色を変えていくオンネトー
c0210644_20322347.jpg

c0210644_20332058.jpg

c0210644_20332725.jpg
c0210644_20334067.jpg
c0210644_2034636.jpg


この山は、これだけでも登る価値があるね。

2010/7/17 雌阿寒岳 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-07-29 20:34 | 登山

2010年 酷暑の雌阿寒岳登山

 注) これは2010年撮影です。

去年の3連休、『オンネトー』に行ったからには当然目の前にある雌阿寒岳へ。

山頂付近から阿寒富士方面の絶景

ポンマチネシリ火口と阿寒富士
この山は色んな所から噴煙が上がっている。
c0210644_2046265.jpg

ポンマチネシリ火口内の赤沼
c0210644_2046943.jpg

c0210644_20462147.jpg


山頂から阿寒湖方面の絶景

奥から雄阿寒岳、阿寒湖、手前が噴煙上げる中マチネシリ火口
c0210644_20484267.jpg

c0210644_2055647.jpg


この間アップした記事で『去年、登山口から山頂まで終始30℃以上という地獄の登山』
と言うのは、この時のこと。
丁度、真夏日だったのだが標高1499mの山頂でも30度越えにはマイッタ。
噴出す汗、水分は1Lしかない。。。
極力汗をかかないよう、登り2時間ちょっとのコースを3時間もかけて登ったのは嫌な思い出w。

活火山だから山頂も暑かったのだろうか?

2010/7/17 雌阿寒岳 KissX2+シグマ18-125mmOS & EF-S10-22mm
[PR]
by ms090 | 2011-07-23 21:09 | 登山

初夏のオンネトー

今年の3連休は、雨で何処にも行けず。(明日は仕事)

去年は、高速無料化実験を利用して道東にある『神秘の湖オンネトー』に行って来ました。

オンネトーと言えばこの景色。右に阿寒富士、左は雌阿寒岳。
c0210644_20203873.jpg

天候、場所、季節等により色を変える水面から五色沼とも呼ばれる。
この日は、エメラルドグリーンとダークブルー。
c0210644_20262225.jpg

オンネトー国設野営場より
c0210644_20275990.jpg

注) これは2010年撮影です。

3年ぶり3度目のオンネトー。いつ行ってもここは良い!
一度利用したいと思っていたキャンプ場。
有料だが1泊250円と格安、目の前にオンネトーを眺められ勧めです。


2010/7/17 KissX2+EF-S10-22mm
[PR]
by ms090 | 2011-07-17 20:39 | 風景

2007年 羊蹄山頂からのご来光

 注) これは2007年撮影です。

今日は3連休初日ですね。
私は今頃、羊蹄山の小屋で寝ているはずだったのですが・・・雨雨雨。
4年ぶりのご来光登山中止です。orz

そんな訳で昔の写真で我慢。

雲海から顔を出す太陽
c0210644_20385367.jpg

ご来光キター!標高1898mからの眺め
c0210644_20395545.jpg

その美しさに見惚れる
c0210644_20405463.jpg

今度はいつこんな綺麗なご来光を拝めるのだろう
c0210644_2043760.jpg

2007年当時には無かったPPL3の現像機能を使って写真を再現像。
2~3枚目の暗部をシャドー補正で見易く、雅仕上げで印象的にしてみました。
RAWで撮っておくと便利だね。

北海道に梅雨は無いと言われてますが期間が短いだけでちゃんとあります。
今年は結構長い気がする。何時になったら明けてくれるのだろうか?

暑くなる前に登るラストチャンスだったのですが、次は秋頃に行くしかないですね。


2007/7月1日 羊蹄山 K100D+DA18-55mm & DA10-17mm
[PR]
by ms090 | 2011-07-16 20:54 | ご来光登山

東大沼キャンプ場

忙しくてなかなかアップ出来ません。6月のキャンプの記事を今頃アップ。

6月12日、高速道路休日1,000円が終了する前に遠出しようということで
函館の近くにある、七飯町の東大沼キャンプ場へ。

木漏れ日と綺麗な芝生。
目の前には大沼が広がる最高のロケーション。
c0210644_21174620.jpg

キャンプサイトから少し移動して

夕日と駒ケ岳。右に見えている建物の付近がキャンプサイト。
c0210644_2122162.jpg

荒々しく尖った『剣が峰』が美しい。
c0210644_21244181.jpg


ここのキャンプ場、なんと無料です。もちろん綺麗なトイレ、炊事場完備。
しかし、一つ欠点が・・・鉄道がすぐ側を通っている為、寝ているとその騒音で確実に
目が覚めてしまう。夜は3本程度しか運行してないような感じなんでまあいいけど。
車の騒音には慣れているが、鉄道の音はまた格別だわ。

今回の遠出はキャンプだけではなく、駒ケ岳登山がメインの目的だった。
しかし、翌日は天気がどんより曇ってしまって山の上からも下からも何の景色も見れず。
よって写真は無し。


2011/6/12 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-07-11 21:33 | キャンプ場

残雪のイワオヌプリ

 雪が恋しい季節。雪を求めてイワオヌプリへ。

さすがのニセコ山系、6月21日でも残雪がたっぷり。残雪を踏みしめての登山は気持ちが良い。
c0210644_20154660.jpg

登り1時間のお手軽山。サクッと山頂へ。

イワオヌプリの山頂は標識がないとイマイチ分かりにくい。
c0210644_20233977.jpg

左がイワオヌプリ山頂、右がアンヌプリ山頂。この山だけ、木が生えていないのも面白い。
c0210644_20242762.jpg

山頂からの景色はあまり好きではないので、静かで景色の良いお気に入りの場所で昼食。
空気が澄んでいれば日本海も見える。
c0210644_20331856.jpg
c0210644_20332714.jpg


この日は、頭上に日暈がクッキリと出ていた。
c0210644_2037257.jpg


今回の登山も6月だってのに暑かった。
すぐ近くの蘭越町で最高気温31℃、山頂は風があって涼しかったのでまあ良し。

しかし、登山ブームで人が多いなあ。。

2011/6/21 イワオヌプリ 1、3、6枚目 KissX2+シグマ18-125mmOS
                  2、4、5枚目 LX5
[PR]
by ms090 | 2011-07-02 20:44 | 登山