<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トムラウシ公園

 前トム平から進むと、目の前に素晴らしい光景が迫ってくる。
 眼下には『トムラウシ公園』、目の前には雪渓を抱いた『トムラウシ』
c0210644_21162962.jpg

 トムラウシ公園を見下ろす。
c0210644_21443472.jpg

 トムラウシ公園へのちょっと嫌らしい下り。
c0210644_2145933.jpg

 しかし、巨岩や奇岩に沼・池、さらに紅葉と素晴らしい眺め。
c0210644_2128317.jpg

c0210644_2128223.jpg


 2007年7月7日に登った時は、雪に埋もれていて何処が公園なのかさっぱりだったが
 今回の登山でその素晴らしさが良く分かった。

 ここは新得町の市街地から車で50km以上、登山口から4時間歩かなければ来ることの出来ない
 人里離れた標高1755mの庭園、アイヌ語で『カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)』と呼ばれる場所。

2011/9/19~20 トムラウシ KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-09-29 21:39 | 小屋&テン泊登山

前トム平

 今日から、トムラウシテント泊登山記をアップ。


 短縮登山口を出発してから、コマドリ沢までの2時間半は最悪な道程だった。
 降り続いた雨のお陰で、登山道は田んぼのような泥んこ道になっていた。
c0210644_22484583.jpg

 皆、登山靴のアッパーまで泥んこ。20cmくらい埋まる所もあり、歩くのに神経を使う。
 この写真は、帰りに撮ったのでこれでも結構乾いて歩き易くなっている状態。
 帰路は、写真の山ガール2名とおしゃべりしながら楽しく下山。

 前トム平までの大斜面。微妙な紅葉が目を楽しませてくれる。
c0210644_2258541.jpg

 標高1730m 前トム平。双耳峰のトムラウシ山頂がやっと姿を現す。
 標識の所で休憩中の男性と、この後一緒にナッキーハンティングをしながらのノンビリ登山となった。
c0210644_2331153.jpg

 『ピチッ』という泣き声の先に、ナッキー(ナキウサギ)発見。
 草紅葉とナキウサギ。絶好の構図だったのだが手振れ、、シャッター音ですぐ逃げてしまった。
c0210644_23121731.jpg

 前トムラウシ山方向の斜面に、紅葉の絨毯。
c0210644_2352663.jpg

 更に、遠くには東大雪の山々。ニペソツ山だろうか?
c0210644_2374539.jpg


 テント泊なので時間を気にせずのんびり登山。う~んやっぱり余裕があるって良いね。
 
2011/9/19~20 トムラウシ KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-09-26 23:20 | 小屋&テン泊登山

トムラウシに魅せられて

 2007年春に登山を始め、7月7日には目標としていた往復12時間の行程である
 遥かなる『トムラウシ』を日帰りで登った。

 その後も、いくつもの山に登ったが山頂から『トムラウシ』が見えるとその時の
感動と辛さを思い出す日々を送っていた。

 2007年8月19日、白雲岳山頂より
 王冠のようなと形容され、他の山とは風格の違いを見せるトムラウシ(写真左側)
c0210644_21574940.jpg

 2007年9月18日、白雲岳非難小屋分岐付近より
 旭岳~黒岳縦走でテント泊をした白雲非難小屋では、暇があれば眺めていた。
c0210644_2213189.jpg

 2009年9月21日、沼の原より
 トムラウシを初めて東側から見た。五色岳、忠別岳へ稜線で繋がっているのが見える。
c0210644_22113511.jpg

 2010年10月1日、十勝岳より
 左側の旭岳から、右側のトムラウシまで繋がっているのがハッキリと見える。
 トムラウシが『大雪山の奥座敷』と呼ばれる所以が分かる気がする。
 旭岳が北海道一の高峰2290m、トムラウシは2番目の2141m。
c0210644_2221788.jpg

 双耳峰の山頂、南沼のテン場はどこら辺だろうか?
c0210644_22254423.jpg


 もう一度登りたい!日帰りだけでは物足りない。
 2011年9月19日、テントを担ぎトムラウシ南沼テン場を目指し短縮登山道を歩き出した。
[PR]
by ms090 | 2011-09-22 22:38 | 登山

ニセコ野営場

 今年の夏は暑い。しかも、仕事が忙しい。
 趣味の登山に行く気力も体力も無しと言うことで、キャンプです。

 標高750m、山の中のキャンプ場。空が近く、空気が澄んでおり星空が迫ってくる。
 後ろにそびえているのは、ニセコアンヌプリ。
c0210644_21241956.jpg

 早起きして朝焼けを待つ。
 朝は12℃。久しぶりの肌寒さが気持ち良かった。
 イワオヌプリと朝焼け
c0210644_2126148.jpg

 ニセコアンヌプリと朝焼け
c0210644_21264126.jpg

 逆側の空の朝焼け?
c0210644_21284060.jpg

 山に囲まれロケーション最高、徒歩数分の所には有名な五色温泉。
 テントサイトは3段になっているニセコ野営場。
c0210644_2132756.jpg


 夜は五色温泉の硫黄泉。翌日には日本3大秘湯の薬師温泉へ。
 薬師温泉は源泉の真上に浴槽が作られていて、砂利の底から生まれたての源泉が上がってくる。
 しかも、全国的に珍しい炭酸泉。
 体に細かい泡が付着し、それが次第に大きな泡となって体に沿って流れていくのが気持ち良い。
 結局、1時間近くも入ってしまった。

 昼食は、ニセコのおいしい蕎麦屋『いちむら』で腹を満たし心も体もリフレッシュ。
 
2011/8/28~29 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2011-09-03 21:46 | キャンプ場