<   2013年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013年2月26日 厳冬のオロフレ山

tarumae-yamaさんポッケさんの3名でオロフレ山に登ってきました。

天気予報は晴れだったが、現地に着くと小雪舞う曇り空だった。

羅漢岩稜線途中まではどんより雲、来た道を振り返る
c0210644_22123832.jpg

c0210644_22124682.jpg

徐々に晴れ間が出てきてテンションが上がる
c0210644_22132073.jpg

c0210644_22134911.jpg

羅漢岩稜線を越え、雲に山頂を覆われたオロフレ山を眺める
稜線上は風が強く、右側にある雪庇で雪煙が舞っている
c0210644_22193795.jpg

上記写真の雪庇を下から撮影
ラインが美しい
c0210644_22204736.jpg

小岩頭のトラバース
c0210644_22232187.jpg

稜線の道程、トンネルから右端に登り稜線を辿ってくる
c0210644_22233516.jpg

雲から顔を出したオロフレ山頂
c0210644_22254452.jpg

山頂下のコルでスノーシューからアイゼンに履き替え急斜面を登る
c0210644_2228554.jpg

今年は雪が柔らかく急斜面で腰上の踏み抜きが沢山あり、例年にない大変さだった。(tarumae-yamaさん提供)
c0210644_2314091.jpg


山頂は風雪で、眺望は無く寒かった
c0210644_22362367.jpg

だだっ広く、標識が埋もれてしまった山頂
c0210644_22323588.jpg

帰り道、なかなか日が当たってくれない羅漢岩
c0210644_2240196.jpg

羅漢岩の上を歩く
c0210644_22405912.jpg

左に雪庇の発達した崖を見ながら登る難所(帰りの登りはそれ程でもないが、行きの下りが要注意)
c0210644_22433425.jpg

c0210644_22483854.jpg

羅漢岩の上で写真撮影中の私(tarumae-yamaさん撮影)
c0210644_22464317.jpg

難所を越えて
c0210644_22524997.jpg

c0210644_2253058.jpg

後ろを振り返り、羅漢岩を見てから下山
c0210644_22555713.jpg

天気には恵まれなかったが、迫力ある羅漢岩歩きは楽しかった。
山頂下から山頂までの間で、今年初めて目だし帽を使いなかなかの寒さを満喫。
今年の踏み抜き地獄は、1人だったら心が折れてしまったかも、3人で行って良かった。

この山に登るときは、天気予報で晴れだけでなく風が弱い時を狙ったほうが良い。
去年ここでサングラスもゴーグルも一瞬で凍ってしまうブリザードに見舞われ、まつげに霜が付いて重くなり
目が開けられなくなって、プチ雪洞を彫って体制を立て直す羽目になったので皆さんも注意して欲しい。
c0210644_0381831.jpg

2013/2/26 オロフレ山 DMC-LX5
[PR]
by ms090 | 2013-02-28 23:08 | 冬山登山

写真関係あれこれ

3月21日追記)画像拡大方法は選択制になりました。詳細はこちら

エキサイトブログでは、2月20日から『画像閲覧ページ』と言う余計な機能が追加された。
これは画像をクリックすると強制的に、『画像閲覧ページ』に飛ばされると言うもの。
画像クリックで画像閲覧ページへ(設定変更したので画像閲覧ページは表示されなくなりました)
c0210644_2205044.jpg

熱心なブロガーさんが抗議していたようだが、27日になってエキサイトブログは直す気はないような
トンチンカンなコメントを追記した。
どうしても、画像閲覧ページにある企業広告を見せたいらしい。
広告を見せたいならブログの本ページ上に載せればいいのに、どうしてこんな面倒なことをするのやら。

画像をクリックすると拡大画像がポップアップされさくさくブログが読み進めれるスタイルが好きだったのだが
どうもそれは適わないようだ。
でも抜け道はあって、こんな感じで昔のスタイルでも表示できる。
クリックで画像拡大

出来るのだがいつまでこの抜け道が使えるか分からないし、プログラムの書き換えが面倒なので
写真が多いと大変でちょっと現実的でない。
なんか良い方法ないですかね?


話はまったく変わるが
悩んでいたRAW現像ソフト『Adobe Photoshop Lightroom 4』を、Adobe15%OFFセールと
Amazonの『アドビ製品がお好きな商品と同時購入で1,000円OFF』キャンペーンに押されて購入した。
特別提供版が定価10,800円から24%OFFで7,707円+1,000円分の買い物(今欲しいものがなくて悩んだw)
で支払いは7,707円で済んだ。
Amazonのキャンペーンは明日28日まで、Adobeは3月3日までなので欲しい人は急いだほうが良い。

これで、現在3メーカーのRAWを3種類のソフトで処理していたのが一つのソフトで済むし
今後、カメラを購入する際にRAW現像ソフトの使い勝手を購入判断に含めなくていいので楽になった。
[PR]
by ms090 | 2013-02-27 22:08 | その他

2007年12月 紋別岳のご来光

雪景色の写真整理ばかりしてたら飽きてきた。
この間、紋別岳に登った時に2007年12月に行ったご来光登山を思い出したので今頃アップ。

6時29分、初登頂。
c0210644_2201782.jpg

6時43分、水平線と雲の隙間からチョビッとご来光
c0210644_2214057.jpg

太陽がなかなか雲から出ず15分以上待たされ
7時1分、キター!!
c0210644_2232967.jpg

7時3分、太陽が昇り拡散していた光が収縮していく
c0210644_2242638.jpg

7時6分、光芒がどんどん変化して目が離せない
c0210644_225151.jpg

魚眼レンズの13mm、超広角撮影
光芒でえらいことになっている厚真の発電所付近と、対照的な支笏湖周辺
c0210644_229796.jpg

雲の上下でもまったく違う
c0210644_22102074.jpg

曇りでご来光はダメかと思ったが、期待以上のものが見れて満足。

現像ソフト『Adobe Photoshop Lightroom 4』の試用で、雪景色以外もテストしたくなり
5年以上前のご来光写真を現像してみた。
以前はK100Dに付いていた『PENTAX PHOTO Laboratory 3』と言う現像ソフトを使っていたのだが
さすがに性能が段違い。ハイライトの粘りとシャドー部の復元能力が凄い。
現像ソフトの進化で、5年前では再現できなかった写真が出来た。

2007/12/1 紋別岳 K100D + DA18-55mm & シグマ55-200mm & DA10-17mm
[PR]
by ms090 | 2013-02-17 22:29 | ご来光登山

紋別岳と735m三角点

一昨日、tarumae-yamaさん、minakayakさんとその後輩くんと一緒に紋別岳から
イチャンコッペ山との中間地点にある735m三角点目指して、支笏湖外輪山歩きをしてきました。

まずは、紋別岳山頂を目指す
風が無く鏡面の支笏湖、奥にある樽前山や雲まで写り込んでいる
c0210644_2342651.jpg

天気は良好、恵庭岳や漁岳も良く見えている
c0210644_23453074.jpg

紋別岳山頂で昼食後、735m三角点目指して支笏湖外輪山を進む
あまり木が生えておらず、景色が良い
c0210644_23454825.jpg

紋別岳を振り返る
c0210644_23494149.jpg

735m三角点手前、広角24mmでは樽前山から恵庭岳までは入りきらず残念
パノラマ撮影の方法覚えておけばよかった
c0210644_2352505.jpg

支笏湖上空は晴れ
c0210644_23555040.jpg

雪がチラつく帰路、シルエットの中心は先日登った徳舜瞥山とホロホロ山
c0210644_2359311.jpg

紋別岳までは良い天気、その後735m三角点付近~紋別岳までは天気が不安定になってしまったが
初めて歩く道なので結構楽しめました。
紋別岳からの下山は、沢を走り降りて遊んだ。
c0210644_0278.jpg


2013/2/13 紋別岳 DMC-LX5
[PR]
by ms090 | 2013-02-15 23:55 | 冬山登山

感動の徳舜瞥山・ホロホロ山 後編

徳舜瞥山で休憩後、白老山岳会パーティと一緒にホロホロ山へ。


先月ホロホロ山から来た時は堅雪でアイゼンを使った山頂下の急斜面だが、今回はふわふわのパウダー。
スノーシューで一気に駆け下りるのが気持ち良い
c0210644_2101363.jpg

c0210644_2103552.jpg

降りてきた斜面に我々のトレース
c0210644_2192159.jpg

*ここでまたしてもアスペクト比のスイッチがズレ4:3→1:1になった。
 結果的には、ここで初めて液晶の表示が明らかに違うのに気が付いて3:2に戻すことが出来た。

また長くなるので続きはMoreをクリック

2013/2/10 徳舜瞥山 DMC-LX5

More
[PR]
by ms090 | 2013-02-12 21:54 | 冬山登山

感動の徳舜瞥山・ホロホロ山 前編

2月10日にH原さん、tarumae-yamaさんminakayakさんと4名で徳舜瞥山・ホロホロ山に登ってきました。

今回は私が幹事役だったのですが、気象庁の天気予報が前日になって『曇りのち雪』っぽい感じでヤバイ(汗)
11日の天気も微妙で悩む。
なんとなく天気は持ちそう&風は無い、更にホロホロ山の天気予報が書いてあるHP『てんきとくらす』によると晴れだ。
10日決行です。

朝5時55分に自宅出発、真っ暗で天気が良く分からないので祈るようにして登山口へ。

朝陽が徳舜瞥山の尖った山頂を浮かび上がらせている(^-^)V
c0210644_23122031.jpg


写真が沢山あるので続きはMoreをクリック

2013/2/10 徳舜瞥山 DMC-LX5

More
[PR]
by ms090 | 2013-02-11 23:41 | 冬山登山

山北沢の滝

氷爆ツアーの続き

*この写真は2011年2月13日撮影です。

もう一つの滝『山北沢の滝』
c0210644_18343726.jpg

c0210644_1835451.jpg

c0210644_18353083.jpg

左側ではアイスクライミングをしている。
c0210644_18355054.jpg

2つの滝までの道のり。
道道86号線を除雪終点まで進み、広い駐車場所まで進む。
駐車場所からそれぞれの滝までは片道1時間~1時間30分。
雪の状態によって渡渉が結構あるみたいなので、スノーシュー&長靴が良いかも。
上が『カジカ沢の滝』、下が『山北沢の滝』
c0210644_18412165.jpg


2011/2/13 KissX2+シグマ18-125mmOS
[PR]
by ms090 | 2013-02-09 18:42 | 滝・渓流

カジカ沢の滝

*この写真は2011年2月13日に撮影したものです。

撮りっぱなしでほったらかしにしてた写真、ライトルーム4の現像練習台にしているのでそれをちょっとづつアップ。

白老氷爆の一つ『カジカ沢の滝』
氷爆の入り口
c0210644_012844.jpg

見事に凍っている
c0210644_014207.jpg

全体像
滝の左側
c0210644_0165573.jpg

c0210644_0162637.jpg

滝の周りは凍っていない
c0210644_0171541.jpg

滝の右側
c0210644_0174241.jpg

c0210644_0144710.jpg

人が沢山写っているのは、白老山岳会主催のツアーに参加したからで60名ほど居ました。
今年は2月9日、つまり今日行われるようです。
ツアーとぶつかると迷惑だと思うので、明日あさって行けばトレースばっちりで行けるのでは?
もう一つ『山北沢の滝』も行ったのですが、まだ写真見てないです。気が向いたらアップ。

2011/2/13 KissX2+シグマ18-125mmOS & EF-S10-22mm
[PR]
by ms090 | 2013-02-09 00:30 | 滝・渓流

写真の現像とリサイズ

ライトルーム4の試用期間中なのでいろいろ試してみた。

写真はKissX2とEF-S10-22mmで撮ったものをキャノン純正ソフトDPP3とライトルーム4で現像してみる。
EF-S10-22mmは周辺減光と湾曲があるので、その補正効果の違いも比較。

・DPP3で現像
・デジタルレンズオプティマイザ ON
・レンズ収差補正 ON
・ピクチャースタイル スタンダード
c0210644_2257391.jpg

・ライトルーム4で現像
・レンズプロファイル 使用
・カメラプロファイル Camera Standard(キャノンのピクチャースタイル スタンダードを再現する設定)
 色やコントラストは上手く再現されているが、露出が若干暗めでWBが若干高めに見える。
 レンズ補正は四隅の解像が甘い。やはり純正DPP3の『デジタルレンズオプティマイザ』の効果は凄い。
c0210644_2312590.jpg

・ライトルーム4で現像
・レンズプロファイル 使用
・カメラプロファイル Adobe Standard(ライトルームの標準設定)
 DPP3より彩度低め、コントラスト低め。こっちの方が落ち着いた感じで良いかも。
c0210644_232449.jpg


結論:全体的なバランスではライトルーム4の方が好みだが、DPP3のレンズ補正機能『デジタルレンズオプティマイザ』
    は捨てがたい。しかし、純正レンズしか適用できないのが欠点。
    純正レンズではDPP3、シグマレンズ等を使う時はライトルーム4で使い分けが良いかも。

リサイズソフトもついでに比較
[PR]
by ms090 | 2013-02-07 23:40 | その他

2013年 1月31日 厳冬のホロホロ山?? 後編

1月31日は曇り予想。

境目がクッキリ出るほどのどんより雲。
標高944.7mの南白老岳山頂は見えるが、標高966mの白老岳山頂は見えない。
標高934m付近で撮影
c0210644_23384065.jpg

しかし、ここは樹氷が綺麗なのでモチベーションは落ちない。
標高830m付近の樹氷
まだ松の葉が見えている
c0210644_23403210.jpg

支笏湖氷濤まつりで見たような光景
c0210644_23413532.jpg

標高940m付近
c0210644_2344558.jpg

標高1000m付近  
『明瞭度』スライダーで遊んでみたらソフトな感じに
c0210644_2345592.jpg

ここら辺からスノーモンスター出現
キモッ
c0210644_23492516.jpg

上に顔があるっぽい
c0210644_23493877.jpg

曇り&湿度が高いと幻想的な風景になる
c0210644_23521825.jpg

標高を上げる毎に木はまばらに、樹氷はモンスターになっていく
c0210644_23543732.jpg

c0210644_23545988.jpg

c0210644_001228.jpg

c0210644_002540.jpg

c0210644_23582047.jpg

c0210644_23591095.jpg

上から見下ろすと樹氷原がミニチュアのように見える
c0210644_004397.jpg

標高1150m ライオンか!
c0210644_021856.jpg

ここからは下りで撮影
c0210644_03472.jpg

雲が濃く薄暗くなった
c0210644_042597.jpg

c0210644_05335.jpg

今回はすべての写真を『Adobe Photoshop Lightroom 4 』で現像してみた。
思い通りに写真がコントロール出来るのでついつい楽しくなり、リアル<イメージな仕上りになったかも?

2013/1/31 ホロホロ山 DMC-LX5

雑記
[PR]
by ms090 | 2013-02-02 23:51 | 冬山登山