<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年1月25~26日 白老岳山中泊

 一度はやってみたかった冬山山中泊、Tarochanと一緒に挑戦してきました。

計画は、冬期閉鎖中の四季彩街道を10kmほど歩いて峠のピークにあるシェルター前でテン泊。
翌朝、白老岳に登って昼前にテントまで戻ってきて昼食、13時までにテント撤収&下山開始。

10時20分、白老のホロケナシ駐車場に車を停めて出発。
Tarochan、25kgオーバーの荷物を背負って出発前にポーズ。
c0210644_2173536.jpg

私のザックは、テントを背負っていない事もあってスノーシューを入れても16kg程度。

道路は何故か除雪されていて余裕のツボ足。お陰でかなり楽できました。
c0210644_21133912.jpg

10kmもの長い道のりですが、樽前山の林道と違って景色が変わるのでそれほど苦痛ではなかったです。
橋の上から、川を覗き込んだり
c0210644_21145344.jpg

氷爆があったり
c0210644_2119189.jpg

真っ暗なトンネル歩いたり
c0210644_2115932.jpg

シェルターから、南白老岳と白老岳が見えたり
c0210644_2116027.jpg

トンネル出口に南白老岳がドーンとあったりしながら
c0210644_21174949.jpg

白老三山が見えてきた
c0210644_21181979.jpg

13時40分、予定よりかなり速い3時間20分でシェルター前に到着。
テント設営して、雪の壁を作ったりしながら暇つぶし
c0210644_2128857.jpg

夕食まで時間を持て余していたので、雪からの水作り初挑戦。
綺麗な雪を集めてきたつもりでしたが、300cc程度の水で結構なゴミの量・・・
c0210644_213994.jpg

キッチンペーパーで濾したら綺麗になりました。
c0210644_2140753.jpg

17時、結構暗くなってきました。
真っ暗闇でのテン泊の予定が、冬期閉鎖中の道路なのに何故か街灯が・・
c0210644_21441016.jpg

暇なんで、ビーフジャーキーとかお菓子を食べ、おしゃべり。
c0210644_2145828.jpg

メインディッシュは鍋焼きうどん、レトルトカレー&ウインナー入り
c0210644_2148631.jpg

やっぱり寒い時は、フリーズドライ食品より鍋系ですな。寝る時もポッカポカです。

この日は暖気が入っていて、テント内は-3℃程度までしか下がらず極寒を想定していたのに拍子抜け。
代わりにテント内部の結露が酷い。
c0210644_21535868.jpg

20時頃に就寝して、3時ごろ雪の降る音で目が覚める。
テントに雪が当たる音って結構煩いですね。また、テントに積もった雪が流れ落ちるのもなかなか。
テントから顔を出してみたけど、結構いい降り。
c0210644_21572467.jpg

2度寝して朝6時半起床。
私の朝食は、お餅&お茶漬けの元。
味噌汁にも、餅を入れてみたけど美味しくない。。お吸い物系の方が合うね。
c0210644_2159359.jpg


8時過ぎに、白老岳目指して出発
c0210644_2224837.jpg

気温高くてちょっとガスってる
c0210644_226599.jpg

気温が高かったお陰か、雪が締まっていて歩きやすい。
ルートも1月4日に登って予習していたので、そんなに悩むことなく行けました。

10時20分、山頂到着。
冬期閉鎖道路を通って片道約13.5km。悪天で景色は見えないけど、感慨深いです。
c0210644_22941100.jpg

10分程度滞在して下山開始
c0210644_22154857.jpg

尻すべり
c0210644_2216493.jpg

雪は止んだり吹雪いたり目まぐるしい。
c0210644_22191357.jpg

11時50分、テン場到着。
c0210644_22201623.jpg

雪が降っていたので、シェルター内部にテント移動して昼食&撤収準備。
12時50分出発。さてと、あと10km頑張って歩きますか。
c0210644_22222862.jpg

シェルター内部が吹雪きw
c0210644_22231934.jpg

帰りは道路に雪が10cm位積もっていて、何気に疲れる。
スノーモービルのトレースがあるが、デコボコと不安定で意外と歩きにくい。
c0210644_22255593.jpg

降りてくると段々空が見えてきた。
c0210644_22265184.jpg

駐車場までもうちょい
c0210644_22273163.jpg

最後の登り返しが辛いww
c0210644_2228439.jpg

15時40分、2時間50分掛かって10kmを下山。
往復27km無事に帰ってきました。
天気がイマイチだったのと、あまり寒くなかったのが残念でしたが楽しい経験でした。

GPSログ
c0210644_22354246.jpg


【今回のテント泊経験で分かった事】
・テント入り口全開でも、テント内で調理すれば内壁が結露する。
・結露した内壁に接触するので、ダウン製品は防水もしくは撥水処理されてないと濡れる。
・ゴアウインドストッパーのシュラフはいい物だ。シュラフにシュラフカバーするより、内部結露していないみたいで
 ダウンのロフトが減っていない。シュラフカバーの煩わしさもなくてジッパーの操作性も上。
・モンベル ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバーは、弊害の方が多いただのゴミ。
 カバー内部の結露が激しくて、シュラフのロフトが半分になってしまった。
 外側はまったく濡れていないので無いほうが良かった。足元は、ゴアジャケットで代用出来る。 
 (今回はイスカのパフ810と比較する為、シュラフカバーとシュラフの間にシーツ挟まなかった。
  シーツ挟めばかなり改善されるけど、なんか違うでしょ)
・モンベル ULダウンパンツはダウン抜け激しい。今回はダウンパンツしか使っていないが、ジャケット
 シュラフ共に過去の経験上モンベルのULダウンは抜け激しい。ノースフェースやイスカは殆ど抜けない。
・冬のテント泊ではダウンシューズは必須アイテム。今回使用したイスカ ダウンプラステントシューズロング
 は両足200g程度の重さしかないのに凄い暖かい。
・防水テントシューズがあれば靴を履かずに外に出れるが、テントに戻る時、雪を払うのは面倒だと思う。
 今回はベチャ雪だったので、テントシューズにビニール袋被せて使った。色々と楽だった。

・雪から水を作るのに必要なもの。雪を入れるビニール袋、ゴミを濾す物(コーヒーフィルターとか)
 濾す作業のためクッカー2つあると便利、ペットボトルに入れる時の漏斗。

・テントの周りに雪壁を作るときは、50cm以上離す。
 雪が降るとテントに積もった雪が周りに滑り落ちていき下に積もる。ある程度スペースを空けておかないとテント圧迫される。

2014年1月25~26日 白老岳 LX5
[PR]
by ms090 | 2014-01-30 23:54 | 冬山登山

2014年1月18日 日高の冬山に初挑戦 沙流岳

18日はminakayakさんと一緒に未踏の沙流岳に行ってきました。

天気予報を見ると支笏湖周辺は微妙だったので、ちょっと遠くても天気の良さそうな日高方面に行くことに。

朝焼けが綺麗。しかし薄曇~。。しかも車の気温計は-24℃で寒そう。(登ってみたら風が無く-9℃程度でした)
c0210644_22162986.jpg

8時25分、日勝トンネル日高側の駐車スペースに車を停めて、トンネルの上を通って尾根に取り付く
c0210644_22182851.jpg

スキー場のような綺麗な斜面を登っていくと、後ろに絶景!!
手前には双珠別岳~熊見山、その後ろには十勝連峰~トムラウシ~石狩岳~ニペソツ~ウペペサンケ~雌阿寒岳
c0210644_23545975.jpg

十勝岳~美瑛岳~オプタテシケ~トムラウシ、その横は雲がかかっているけど旭岳?大雪山の何処か?
(ズーム写真は全部トリミング。望遠90mmでは全然足りません。200mm位は欲しいよ~)
c0210644_22293052.jpg

石狩岳~ニペソツ山~ウペペサンケ
c0210644_22301833.jpg

事前に情報を全然仕入れてなかったので、こんな絶景が見れてテンション上がりまくり。
特に11月にminakayakさんと一緒に登ったニペソツ山(前天狗まで)の感動を思い出した。

高度を上げると日高の山々も、手前がペケレベツ岳、奥に芽室岳とか?
c0210644_2239550.jpg


9時35分、日勝ピークからは360度絶景だらけ、とりあえず今回の目的地沙流岳方面。
左側の白いのピークが沙流岳で、そこまでの樹林帯の尾根が綺麗。
c0210644_22455131.jpg

日勝ピークをちょっと降りたところから
夕張岳~芦別岳~トマム~双珠別岳~熊見山~十勝連峰
c0210644_22513050.jpg

風が無く見晴らしの良い樹林帯をルンルン気分で進む
正面に沙流岳
c0210644_22541091.jpg

樹氷の林の中を歩くのも気持ち良い
c0210644_22553592.jpg

このルート、景色が色々変わっていくので面白い
夏道の所にプチ雪庇
c0210644_22563142.jpg

c0210644_2258107.jpg

10時50分、ゆっくり歩いたのだが前日のトレースがあったので2時間半で沙流岳ピーク着。
c0210644_236360.jpg

日勝ピークと右奥に雌阿寒岳~阿寒富士
c0210644_2365668.jpg

沙流岳山頂もほぼ無風で、景色を見ながらカップヌードルを食べる。
結局、二人だけの貸切で至福のひと時。
更に段々と晴れ間が出てきた!
夕張岳もクッキリ
c0210644_2311526.jpg

芦別岳~トマム
c0210644_231216.jpg

日高の山々もバッチリ
c0210644_23131271.jpg

名残惜しいけど11時20分下山開始
c0210644_23165881.jpg

山頂下のフワッフワ斜面を駆け下りるのが気持ち良い
c0210644_23193112.jpg

雪玉がコロコロ
c0210644_23195218.jpg

振り返ると、前日と当日のトレースがクッキリ
c0210644_23215523.jpg

名残惜しくて何度も振り返る
c0210644_23233100.jpg

青空が広がって樹氷がいっそう綺麗
c0210644_232351100.jpg

c0210644_2324232.jpg

う~ん気持ちが良い
c0210644_23243259.jpg

c0210644_23244211.jpg

日勝ピークに向かって、樹氷の中を進む
c0210644_23262715.jpg

最後に日勝ピークから、十勝平野と奥に雌阿寒
c0210644_23281726.jpg

c0210644_23282546.jpg

下山もゆっくりだったので、2時間掛かって13時20分に駐車場着。

アクセス良し、景色良し、ルートは簡単で樹氷が綺麗、文句なしで素晴らしい山でした。
下山後は、ひだか高原荘で温泉に入ってスッキリ。
今度は向かいの熊見山~双珠別岳を歩いてみたいですね。

GPSログ
c0210644_23453225.jpg


2014年1月18日 沙流岳 LX5
[PR]
by ms090 | 2014-01-20 23:55 | 冬山登山

2014年1月13日 徳舜瞥山

報告が遅れましたが1月13日は、12月23日以降3回連続で一緒に登っているTarochan達と徳舜瞥山。

薄曇の中、朝7時30分くらいに出発。気温-17℃で今シーズン一番寒い山行かも。

前日と思われるトレースを辿って順調に進む。
トレースの主は途中で帰ってしまったようで、途中から膝下ラッセル。
c0210644_14511072.jpg

薄日が差すと幻想的
c0210644_14515249.jpg

木々には雪がたっぷり。
c0210644_14523572.jpg

c0210644_14525221.jpg

この山には何回も登っているが、初めて池に遭遇した。落っこちたら危なそう。
c0210644_1454051.jpg

晴れそうで晴れない天気の中登る
c0210644_14551468.jpg

c0210644_14552353.jpg

山頂は雲の中
c0210644_14553378.jpg

1050台地。スノーモンスターは成長中。
c0210644_14565543.jpg

徳舜瞥山は薄曇のこんな景色に遭遇することが多い
c0210644_1457411.jpg

いつもはクラストして登り易い1100m以上の斜面だが、今年の冬は温暖なのか踏み抜き&雪深い。
c0210644_14594130.jpg

モコモコのスノーモンスターも成長してない。
c0210644_1502593.jpg

風雪の山頂
c0210644_1504624.jpg

今回の山行は終始-14℃以下、山頂付近は風も強くて温度計は-17℃。
全員自分の吐く息でまつげや髪の毛、ニット帽が凍っていた。まぶたがくっ付くこともしばしば。
c0210644_1527874.jpg

写真は去年から使っているノースフェース V2ネックゲイター。
昔は目出し帽を使ってたけど、顔にフィットさせるのが難しく(特にゴーグル使うとき)自分の吐く息が
漏れてサングラスを凍らせてしまったりしたので、こいつを去年から使っている。
フィット感がよく隙間が出来ない上、口鼻両方に穴が開いているので上方への息漏れが無くお気に入り。

メチャ寒いので速攻で下山開始。
c0210644_15183852.jpg

斜面のモコモコが分かりやすいよう、昔のフィルム写真風仕上げ。
c0210644_15192785.jpg

今回は結構な寒さの登山でしたが、下山後は温泉に入って生き返りました。

2014年1月13日 徳舜瞥山 LX5
[PR]
by ms090 | 2014-01-19 15:24 | 冬山登山

極寒-15℃車中泊  

1月9~10日に手持ちの寝袋で、何度まで眠れるか千歳で耐寒訓練してきました。
結果はそれなりに寝れたけど、もうちょっとだけ下半身に保温力が欲しい感じでした。
出来れば寝袋を新調したいけど、お金が・・。

10日朝7時40分の様子。
車内は4箇所の窓を4cm位開けて寝たにも拘らず内側が霜だらけ。
c0210644_031934.jpg

起きたときは室温-15℃だったが太陽が出たのと、寝袋から出て動いていたので温度計が
ちょっと上昇してしまった。それでも-14.4℃の表示。
(アメダスデータによると千歳は最低気温-17.9℃、この温度計は校正してないのでそれ位寒かったかも)
c0210644_033573.jpg

窓の霜が綺麗
c0210644_0342087.jpg

私は結露対策の為、寝袋の上にシーツとカバーをかけて寝るのですがシーツとカバーの間に霜が発生してた。
気温が低いので霜だが、室温が-5℃程度だったら湿った感じになっていると思う。
(写真はシーツ表面とカバー裏面、シーツとシュラフの間には結露無し)
c0210644_0362348.jpg

一番上のカバー表面、シーツと寝袋の間はサラサラでなんとも無かった。
しかし足元は、カバーと車の壁が接触していたのでそこに霜が発生していた。

外に出ると、千歳川に気嵐が発生してました。
c0210644_040736.jpg

c0210644_0402077.jpg

今後の為に参考になるデータが取れました。


【訓練の流れ】
 ・場所は、千歳の道の駅『サーモンパーク千歳』で9日の23時50分頃到着。
 ・車内温度が低くないと意味が無いので、千歳市に入ってから4箇所の窓を開け車内を
  -10℃まで下げてから0時半頃就寝開始。
 ・朝5時頃、足が暑くて目が覚める。靴下用カイロが無かったので普通の貼るカイロミニを貼っていたが
  温度が熱くなりすぎて、低温やけどしそうだった。この時室温は-15℃。
 ・目が覚めてからジッパー部分のコールドスポットが気になり、なかなか寝付けない。20分くらいウトウトして就寝。
 ・7時過ぎに目が覚めた。室温は-15℃。

【装備】
 ・寝袋:8年位前に買ったナンガの名称もFPも不明な、総重量1100g位のダウンシュラフ 
 ・シュラフシーツ:ナンガ ウォームアップライナーSZ ジッパーは邪魔だったので切り取って250gに軽量化したもの。
 ・シュラフカバー:モンベル ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバーワイド 190g
 ・上半身アンダー:finetrack スパイルフィルMW(ウールと化繊のハイブリット)
 ・上半身ミドル:パタゴニア R2ジャケット(フリース)
 ・上半身ダウン:ノースフェース フラッシュジャケット(900FPダウン100gくらい)
 ・下半身アンダー:適当な股引
 ・下半身ミドル:モンベル トレールアクションタイツ(フリース)
 ・下半身ダウン:モンベル ULダウンパンツ(800FP50gくらい)
 ・頭:モンベル スーパーメリノウール バラクラバ
 ・手:モンベル メリノウール インナーグローブ
 ・靴下:スマートウール ハイクミディアム・クルー + モンベル メリノウール エクスペディション ソックス
 ・ダウンシューズ:昔買った安物(登山用ではなく家庭用)
 ・マット:百均銀マット180×100×0.2cm+リッジレスト(旧モデル R値2.6)100×51×1.5cm

【所感】
 ・寝袋は首周りとジッパー部から熱が良く逃げる。
 ・ナンガの寝袋は首周り広すぎ。コードで絞めても右肩付近に隙間できる。予備のアンダーで隙間埋めた。
 ・ジッパー部分はシングルドラフトチューブだとそこが巨大なコールドスポットになる。
  ダブル仕様じゃないと寒冷地では意味が無い

 *2014年2月訂正:ナンガのドラフトチューブが細すぎて使い物にならないだけだった。
 ・肌に直接触れるものはすべてウールが良い。化繊は余程暖かくないと冷え感がある。
 ・下半身が若干冷え性なので、ULダウンパンツでは保温力が足りなかった。
 ・厳冬期の睡眠にはバラクラバ必須。顔の冷え防止だけでなく、呼吸も暖かい。
 ・足先は冷えやすいのでダウンシューズも必要。外に出るのにいちいち登山靴履くのも面倒なので
  雪中歩行出来る、防水ロングタイプのテントシューズがあると良さそう。
 ・コールドスポットがある時は貼るカイロで対策。シュラフ内に未開封品を入れておけばすぐ対処できる。 
 ・靴下には靴下用カイロでないと低温火傷するかもしれない。
  その他の部位は、ダウンジャケットやダウンパンツが空気層になるのか特に熱さは感じなかった。
 ・結露は冷気と寝袋の熱気が触れる箇所の暖かい側で発生した。
  今回は寝袋+シーツ+カバーで重ねたので、シーツとカバー間で発生した。
 ・足元はカバーと車内の壁がくっ付いていたので、カバー外側と壁の間に霜がついていた。
 ・寝る直前に生姜湯を飲んだら体が温まった。しかし、これは状況によっては危険だ。
  暑くて汗をかいたり、ジッパーを開けてしまった場合、途中で寝冷えして目が覚めてしまう恐れがある。
[PR]
by ms090 | 2014-01-11 23:59 | 道具

2014年1月4日 白老岳 ホロホロ峠ルート

 あけましておめでとうございます。

 新年最初の登山は、Tarochanと白老山岳会メンバー、私を含めて総勢7名で白老岳です。
 四季彩街道が1月7日まで開いていたので、今まで登ったことのないホロホロ峠ルートで登ってきました。

 ゲート開放10時、シェルター脇の駐車場に移動して10時30分出発です。
 予想していなかった好天でテンションが上がる。
c0210644_2142660.jpg

 シェルター右脇を通って右側の尾根を目指す。ゴールの白老岳は奥で白く輝いているピーク。
c0210644_2145477.jpg

 木が混んでいて結構歩きにくい尾根を進むと視界が開け、美しい樹氷が見えてきた。
 会長さんが先頭を進み、ルートを指示してくれる。
c0210644_21531282.jpg

 空を覆いつくす樹氷
c0210644_215332100.jpg

 メッチャ綺麗
c0210644_2154226.jpg

 木陰と南白老岳
c0210644_21552080.jpg

 標高880m付近、見上げる程の急斜面。スキーは大変そう。
c0210644_21581437.jpg

 スノーシューは直登
c0210644_2201738.jpg

 スキー組はここでデポしてツボ足。ここまでのラッセルお疲れ様でした。
c0210644_220499.jpg

 樽前山と太平洋が綺麗に見える
c0210644_22258100.jpg

 藪を抜けたら、雪庇に亀裂が入ってビックリ!!危ないので落とそうと頑張るが、落ちず。
c0210644_22612100.jpg

 またまた美しい樹氷郡。
 下まで真っ白な大木に、珍しくNさんから記念撮影の要求w
c0210644_2295521.jpg

 振り返れば南白老岳。皆良い顔してます。
c0210644_22103656.jpg

 ホロホロ山は雲の中、太平洋は微かに見える
c0210644_22122641.jpg

 山頂付近はハイマツの踏み抜き。天気がいいのでそれもまた楽しい。
c0210644_22161689.jpg

 山頂到着、意外なことに出発から2時間しか掛からなかった。ニセコ方面は見えず。
c0210644_2217815.jpg

 山頂標識
c0210644_22172234.jpg

 太平洋方面
c0210644_2217557.jpg

 山頂は風が強く、気温は-10℃。じっとしていると寒くなるので、15分程度で下山開始
 南白老岳とTarochan三連発、画になるわ~
c0210644_22212546.jpg

c0210644_22213827.jpg

c0210644_22214716.jpg

 今回のルート、左下から尾根を通って右端中央付近の道路突き当りまで
c0210644_22265267.jpg

GPSログ
 赤線が今回のルート、他は以前歩いたときのログ。
 青線は南白老岳ルート、緑線が美笛峠ルート、ピンク線は白老岳945峰
c0210644_2232458.jpg

 今回のルートは南白老岳の美しい姿を堪能できるコースで満喫してきました。
 写真をどうぞ、時系列はバラバラ。
 出発地のシェルターを越えた付近から
c0210644_22365422.jpg

 あとは反時計回りにぐるっと
c0210644_2240434.jpg

c0210644_22405822.jpg

c0210644_22411230.jpg

c0210644_22414262.jpg

c0210644_22415312.jpg

初めて歩いたルートで、しかも今まで登った中で一番の好天。いや~楽しかったです。
また登りたいけど、8日には通行止めになるので春か来年の今頃しか登れないのが残念。

2014年1月4日 白老岳 LX5
[PR]
by ms090 | 2014-01-05 22:26 | 冬山登山