<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年5月3日 暑かった十勝岳

 GWは家から高速を使わず3時間半で行ける、私的にお手軽な十勝岳と決めていました。
 当初は3日に車中泊して、4日の朝早くから登ろうと思っていたのだが天気予報が変わり
 急遽3日に登りに行きました。

望岳台に着くと、予報通り晴れ。十勝連峰は山が綺麗に連なっていてカッコいい。
左端にオプタテシケ山頂、美瑛富士、美瑛岳、十勝岳。
c0210644_9463466.jpg

7時20分、つぼ足で出発。
待ってろ十勝岳。久々の登山でテンション上がります。
c0210644_9493925.jpg

富良野岳も美しい。
c0210644_950286.jpg

その横には、芦別岳かな?
c0210644_9502399.jpg

避難小屋発見、その代わり登るにつれて山頂は見えなくなってしまう。
c0210644_9513122.jpg

ちょっと霞んでるけど、旭岳とかも良く見える。
c0210644_9521990.jpg

後ろを振り返る。霞んでいてちょっとイマイチな景色。
それにしても、スタートから暑かったが1500m位まで登ったら更に気温上がって16℃もあるよ。
1400m位でアイゼン付けて歩き始めたけど、踏み抜きとかあるからワカンを着けた方が良かった。
結局、付け替えるのが面倒で山頂まで全然必要なさげなアイゼンで登ってしまった。
c0210644_9531391.jpg

先行者は2人、夏道を行かずグラウンド火口内を進んでいく。
初めて見る景色、冬限定ルートのようだけど風がない時や風向きによっては硫化水素で中毒
になりそうで危険な感じ。
c0210644_9565811.jpg

9時半頃に曇り始め、10時にはすっかり薄曇りになってしまった。
十勝岳稜線の向こうにニペソツ山。
c0210644_959635.jpg

グズグズの急斜面を登って、十勝岳の肩に到着。
右側に歩いてきたグラウンド火口と急斜面、帰りはここを滑り降りました。
左側に前十勝の噴煙上げてる火口2つ。
c0210644_1017976.jpg

右から三段山、上ホロ(小屋も見える)、三峰山、富良野岳に続く稜線が美しい。
c0210644_10134181.jpg

境山、下ホロ方面もカッコいい。
c0210644_10143093.jpg

11時10分、3時間50分で山頂到着。小さくて見にくいけどパノラマ写真。
c0210644_10191582.jpg

急斜面が印象的な美瑛岳と、奥に大雪山。
c0210644_10203443.jpg

右にちょっと視線をずらすと、美瑛岳の崖沿いの稜線と、奥にトムラウシ。
c0210644_10213393.jpg

広角24mmだとこんな感じ、薄曇りもイマイチだけと空気の霞がちょっと・・・
c0210644_1023154.jpg

富良野岳をズーム、雪と山肌のおかげが結構荒々しい山だったのね。
c0210644_10245813.jpg

風は3m位で、そんなに寒くない山頂で定番のカップヌードル。
c0210644_10272196.jpg

山頂に1時間滞在して、12時10分下山開始。
私が山頂に居た時は、先行者2名はさっさと降りてしまいほぼ山頂独り占め。
12時過ぎに続々と人が登ってきた。
山頂への最後の急登、真ん中の人はこの斜面をスキーで滑り降りてくる。凄い!
c0210644_10302156.jpg

帰りは夏道に沿って歩く。また違った視点で景色が楽しめて面白い。
私は、肩から下の右側斜面を尻すべりで一気に下降。
c0210644_10321874.jpg

すり鉢火口内でボーダーが休んでいた。斜面にシュプールあるんだけど、薄曇りだからイマイチ見えない。
c0210644_10342810.jpg

最後に見納め。
c0210644_10354430.jpg

この後は、尻すべりでガンガン下山の予定だったけど雪がザクザクでそんなにスピード出ない。
下の方で、尻ボ使って遊んでいる一団が居たけど上手く滑れない感じ。
私は、大きめのペラペラ銀マットでソコソコ滑れたけど、ソリが一番良いだろうね。
c0210644_10362465.jpg

下りは山頂でワカン付けた。つぼで下っている人も居たけど結構埋まるし踏み抜きもあって大変そう。
右がつぼ足、左がワカン。
c0210644_1042369.jpg

気温が終始12℃越えの今日のようなコンディションだと、スノーシューならつけっぱでOK。
下山途中、登ってくる人に聞いたけどスキー組に抜かされまくったって。
スキーは途中脱がなければならないところあるけど、登りも下りも楽みたいで良いな。
富良野岳をバックに、あっと言う間に降りていくスキー。
c0210644_1046378.jpg

下山はのんびりしてたので1時間50分。ソリがあれば、1時間ちょっとで下山出来そう。
こうやって見ると、殆どソリで滑れそうな斜面ばかりだもんね。
c0210644_1110363.jpg

すっきり晴れてたのは、2時間程度で後は薄曇でしたが景色もそこそこ見えて気持ちの良い登山でした。
転職&引越しのストレス発散。

c0210644_10544042.jpg

2014年5月3日 十勝岳 LX5
[PR]
by ms090 | 2014-05-05 11:00 | 冬山登山

久しぶりに更新

久々の更新です。

実は、4月に転職して忙しい日々を送っていました。
転職に合わせて引越しもしたので、休日は部屋の片付けや買出し。
仕事で覚えなければならないことが沢山あるので日々勉強したり、なかなか写真整理もブログも出来ない
状態でした。

部屋の片づけが終わり、GWで余裕も出来たので4月中に2回と昨日登った山を軽く紹介します。
なんだかんだ、登山はしっかりやってたりしますw

4月6日 漁岳 撤退
Tarochanたち白老山岳会と他のメンバー総勢10名で、なかなか良い天気のなか気持ちよく登りました。
c0210644_14212046.jpg

しかし、寒くはないのだが風が強すぎるので1130m付近で撤退。天気が良かっただけに残念。
c0210644_1422212.jpg


4月13日 野塚岳&オムシャヌプリ
快晴&殆ど風のない好天の中、野塚岳を目指す。
とにかく急斜面が多い野塚岳ちゃん。1223Pから見ると、目の前にドーンとそびえてます。
c0210644_14275928.jpg

駐車場から2時間20分位で野塚岳到着。
予定よりかなり早く着いたので、右上ピークのオムシャヌプリを目指します。
今回のメンバーは、白老山岳会のNさん、Nさん、positive51さん、私の4名。
c0210644_14314784.jpg

野塚岳から1時間50分掛かってオムシャヌプリ到着。登ったり降りたりトラバースしたり結構遠かった。
それだけに感動も大きかった。左後ろにはオムシャヌプリのもう一つのピーク、右に十勝岳、奥に楽古岳と続きます。
しかし、帰りは野塚岳の急登を越えねば・・・ヘロヘロになって駐車場に到着。
c0210644_14454850.jpg


5月3日 十勝岳
半月以上山に登ってなくてストレス一杯。
スケールが大きくて雪がたっぷりあるところを登りたくて十勝岳(右側の噴煙あがってるとこ)に行ってきました。
結構雪溶けて山肌見えてる。もっと真っ白なときに来たかった。ちょっと残念。
c0210644_1450236.jpg

最初はつぼ足、途中からアイゼン(要らなかった感じもする)つけた。しかし、気温上昇してザクザクしてきた
のでワカンにチェンジしたかったけど、面倒なのでそのまま登って3時間50分で山頂着。
山頂でおしゃべりしたけど、この日はスキー>スノーシュー>ワカン>つぼ足の順で楽だったみたい。

山頂は風があったのでアウター着てるけど、途中16℃まで気温上がって
殆どアンダーシャツ1枚(パタゴニア キャプリーン3)で登った。
山頂着1時間前位に薄曇になってしまったけど、途中まで快晴で良い汗かきました。
c0210644_1451114.jpg


それぞれの詳細は、漁岳はTarochanのHPで
野塚岳&オムシャヌプリはpositive51さんのHPで見てください。
時間があれば、このブログでもあっぷするかも。

十勝岳はこれから写真の選別はじめて、明日にはアップ予定。
[PR]
by ms090 | 2014-05-04 14:58 | 冬山登山