2015年1月18日 トヨニ岳敗退

追記:2015年3月21日リベンジ 記事はこちら

Tarochan、positive51さんと一緒に厳冬期のトヨニ岳に挑戦。

ラッセル&ルート案内を期待していた師匠が急用で欠席。
日高道が苫小牧~鵡川間で吹雪き、その後の一般道もずっと凍結路のため予定より1時間遅れで登山口に到着。
結果は、時間切れで途中撤退です。

先週登った野塚岳。
c0210644_22052782.jpg
クラスト斜面にサラサラ雪が20cm程度積もっていて、上げた足がずり下がる厄介な状況。
ライトニングアッセントならばキックステップで何とか登れるが、エボアッセント(キックステップ
が刺さらない&斜度があるところではトラバース苦手)のpositive51さんなかなか登れず苦労している。
c0210644_22053025.jpg
2時間掛かって国境稜線到着。一気に視界が開ける。風速15mの予報だったが10mあったかどうか程度。気温はー10度。
左に野塚岳。
c0210644_22053383.jpg
稜線の裏は深い谷。
c0210644_22054188.jpg
目指すトヨニ岳。
c0210644_22053804.jpg
細尾根に大きな雪庇。山頂までは木ギリギリを歩かないと雪庇崩落の報告が多いので慎重に進む。慎重に進みすぎて時間使った気がする。
c0210644_22194244.jpg
c0210644_22194614.jpg
山頂をズーム。この写真だと分かりにくいが山頂手前のポコが細くて急だ。多分核心部分なのだろうな。
c0210644_22195321.jpg
P1251に登る前にアイゼンピッケルに変更。
雪が深い、膝から股ラッセルで時間が掛かる。雪が緩々だったのでスノーシュー&ピッケルで良かったかも。
c0210644_22201428.jpg
c0210644_22201792.jpg
P1251に着いたのが11時15分。ここで撤退しようと言うことに。
先に進んでしまった私。この先はしばらく岩稜帯、1251をスノーシューで登った場合、下りの前にアイゼンに変える必要あり。
岩稜帯を越えた後はスノーシューorスキーで登れるようだ。
c0210644_22452451.jpg

c0210644_22271288.jpg
P1251からの眺め。
野塚岳方面。
c0210644_22272400.jpg
アポイ岳方面。
c0210644_22272193.jpg
P1251で昼食後下山開始。
c0210644_22273781.jpg
c0210644_22273971.jpg
アイゼンでのラッセル&踏み抜き歩行で体力と時間を消費したのが一番の敗因。
普段スノーシューに甘えすぎていた。踏み抜きは殆ど無いし、急斜面ではヒールリフターで楽できる。
下山は罰ゲームとして国境稜線をアイゼンで下山し鍛えなおし。

それにしても良い天気と絶景。
c0210644_22274490.jpg
雪庇の下を覗き込んでみたいが危険すぎる。
c0210644_23043598.jpg
国境稜線とお別れする前にもう一枚。登ったのは左上のピークまで山頂は真ん中辺。
c0210644_23043730.jpg
パウダースノーの尾根はスノーシューでフワッフワと下山。Tarochanはアイゼンで修行継続中。
c0210644_23532613.jpg

トヨニ岳南東尾根を使って下山する人も結構居るようだ。こちらの方が歩きやすそうな感じがする。どっちが速くて安全なのだろうか?
c0210644_23043908.jpg
今回は冬山登山を再考させられるもので反省点がかなり出てきた。
1、現地に行くまでの天気や道路状態をチェックしておらず、吹雪や凍結路で登山口到着に時間が掛かるのを計算に入れてなかった。
2、登山はあくまで自分の技量で登るもの、人に頼って登るものではない。頼る人が登っている途中で負傷・体調不良になったらどうする。
 師匠が参加予定だったので詳細なルートチェック怠っていた。
 ルートはうろ覚えで所要時間の計算、何処でどの装備を使うのがベストなのかイマイチ判断が出来なかった。
 昔は単独ばかりだったので入念にシュミレーションして山に入っていたが、最近はツアーガイド登山の参加者にみたいになっていた。
3、パーティー全体でルートや所要時間の共有してなかった。
  私は今回出発時に13時山頂着、南東尾根を使って15時半~16時下山で計算していたが他の2名は違ったと言うか何も打合せしてなかった。
4、アイゼンでのラッセル、踏み抜き歩行に不慣れ過ぎ。スノーシューが使えない状況になると途端にダメになる。

冬山はもっとしっかり考えて体鍛えていかないと、人に期待しているようではダメダメだ。



出発7:45~稜線9:45~P1251手前10:50~P1251 11:15~昼休憩~下山11:45~稜線取付き部13:15~登山口14:00
*登り 稜線で写真撮り過ぎタイムロスあり *下り 稜線上ツボ足トレーニングでタイムロスあり
c0210644_23044350.jpg
2015年1月18日 トヨニ岳
LX5






[PR]
# by ms090 | 2015-01-21 00:37 | 冬山登山

2015年1月12日 野塚岳

Tarochan、Sさん、Yさんと一緒に、厳冬期の野塚岳に挑戦。
前日まで全道的に天気が悪くラッセルを予想していたが、残雪期かと思うほど少ない積雪量でした。
天気予報がイマイチだったので、眺望はあまり期待していませんでしたが素晴らしくここ最近で一番の山行になりました。
登山口へ行く途中、モルゲンロートがきれいでした。

c0210644_21371124.jpg
尾根取り付きでこの程度の積雪。天気は曇り。
c0210644_21391673.jpg
登りの途中、トヨニ岳が少し輝いてる。
c0210644_21401651.jpg
稜線近くまで登ってくると雪が少ない。稜線では地面が出ているところも結構あった。
c0210644_21402181.jpg
稜線歩きは楽古岳~十勝岳方面が良く見える。
c0210644_21402781.jpg
楽古岳尖ってるね。
c0210644_21403491.jpg
更に進むと、綺麗な樹氷(もしかすると霧氷の部類かも?)と野塚岳が見えてきた。
c0210644_21405201.jpg
丁度、自分達の居る場所と目的地の野塚岳が曇っている。勘弁してくれ。
c0210644_21410681.jpg
トヨニ岳の奥に見えている山々が光っている。
c0210644_21411122.jpg
こっちも晴れてくれと祈るが、結構分厚い雲が上空に居座っている。急斜面だけど意外と登り易い野塚岳山頂。
c0210644_21412240.jpg
トヨニ岳への稜線、歩いてみたいな。
c0210644_21413025.jpg
1223ピークからコルに下りて食料補給中に待望の晴れ。
樹氷か霧氷か分からないが今シーズン最高の美しさ。
c0210644_21524873.jpg
風で木が同じ方向に傾いているのが面白い。
c0210644_21524017.jpg
c0210644_21523623.jpg
c0210644_21530090.jpg
しかし、野塚岳はまだ完全に晴れてくれない。雲が取れるのを祈りながら登る。雪無さ過ぎ。
c0210644_21532119.jpg
山頂到着。上空の雲が切れた!絶景!
トヨニ岳方面。
c0210644_21542552.jpg
十勝方面
c0210644_21533072.jpg
左から楽古岳~十勝岳~オムシャヌプリ~アポイ岳
c0210644_21561142.jpg
広尾方面は海が青くて美しい。
c0210644_22101422.jpg
トヨニ岳に続く稜線。
c0210644_22051678.jpg
切れ味鋭い稜線と存在感がハンパない。
c0210644_22052019.jpg
山頂では写真撮影会。風が弱く気温はー5℃程度なのでのんびり。
c0210644_22161347.jpg
天馬街道のお陰でここら辺の山が登れる。ありがたい。
c0210644_22162132.jpg
アポイ岳をズームで。
c0210644_21570937.jpg
雲も増えてきたので下山しましょう。それにしてもどっちを向いても山と谷。日高は山だらけですな。
c0210644_22162719.jpg
最後に集合写真とパノラマ写真。(Tarochan撮影
c0210644_22315039.jpg
c0210644_22315344.jpg
良い山行でした。
下山したらトヨニ岳に向かうトレースと車が一台あった。雪が少ないし今狙い目かも知れない。

c0210644_22374065.jpg
2015年1月12日
LX5

[PR]
# by ms090 | 2015-01-14 22:37 | 冬山登山

2015年1月4日 南白老岳

2015年一発目は白老山岳会の登り始め山行に参加。
総勢17名でホロホロ峠から南白老岳に登ってきました。

天気はイマイチでしたが膝ラッセルのフワッフワ斜面の下山が気持ちよかったです。

南白老岳山頂がギリギリ見えている。

c0210644_00072295.jpg
総勢17名なので凄い行列。
c0210644_00103629.jpg
尾根に取り付いてからはずっと急斜面が続く。
c0210644_00125588.jpg
c0210644_00141271.jpg
樹氷が綺麗。
c0210644_00144932.jpg
c0210644_00145278.jpg
山頂着。
c0210644_00165142.jpg
c0210644_00165682.jpg
昼食後、下山開始。
斜度があるのでスノシューで滑り降りたりフワッフワと走り降り、尻すべりしたり楽しい下山。
c0210644_00182985.jpg
c0210644_00203063.jpg
c0210644_00203409.jpg
c0210644_00203785.jpg
下山後、駐車場所より南白老岳。
c0210644_00223967.jpg
2015年1月4日 南白老岳
LX5

[PR]
# by ms090 | 2015-01-07 00:24 | 冬山登山

2014年12月30日 厳冬の樽前山でご来光がみたい

正月の天気予報がイマイチすぎる。
微妙な天気予報でしたがご来光を見るため樽前山に行ってきました。

今回は4名で挑戦です。
出発前にお遊び写真。
c0210644_22524566.jpg

ヘッデン点けて退屈な林道を進む。暗闇の中、足元の光を見つめて5合目以降はほぼ無心で進む。
c0210644_22532543.jpg

森林限界でアイゼン装着。
c0210644_22552475.jpg

意外と柔らかい斜面を登る。
c0210644_22562068.jpg

曇っているのもあるけどなんだか視界が悪い。PM2.5か?
c0210644_22595689.jpg

ご来光が出るポイントも。。
c0210644_2301484.jpg

いい感じのすべり台に見えるが、滑ったら小屋とは別方向に一直線。
c0210644_2303221.jpg

山頂着。
c0210644_232293.jpg

c0210644_2323357.jpg

朝焼けぐらい見れるかと思ったが予想以上に雲が厚かった。
c0210644_2331724.jpg

景色はそれなりに見えるのがまだ救い。
c0210644_2333712.jpg

気温はー10℃で風は10m以下かな?意外と暖かいので外輪山一周。
c0210644_2353781.jpg

いろんな角度から冬の溶岩ドームを楽しむ。
c0210644_237415.jpg

c0210644_2372329.jpg

c0210644_2374494.jpg

c0210644_2381982.jpg

c0210644_2383452.jpg

樽前山上空は時々空が見えるけど、太陽の角度が低いのでそんなに明るくならない。
c0210644_2395879.jpg

c0210644_23103913.jpg

樽前山932峰と風不死岳。
c0210644_23114095.jpg

樽前山神社奥宮ときれいな曲線の稜線。
c0210644_23121665.jpg

尻滑りと思いきや写真撮影中のTarochan。
c0210644_23131531.jpg

こちらは尻滑りからの滑落停止訓練。
c0210644_23144169.jpg

定番の構図。
c0210644_23153390.jpg

ご来光と青空の景色は見れなかったけど、それなりに景色に楽しめてよかったです。

今、実家で体重と体脂肪測定したら57.8㎏の15.8%。過去最高の体重でショック。
3か月前位からはじめた週2回程度のスロージョギングで筋肉増えたようだ。
腹回りの脂肪を減らして来年はベスト体重の54㎏を目指そう。

それでは皆様来年もよろしくお願いします。

2014年12月30日 樽前山
LX5
[PR]
# by ms090 | 2014-12-31 23:27 | 冬山登山

2014年12月28日 白老岳 ホロホロ峠ルート

28日にホロホロ峠から7白老岳に7名で登ってきました。
トンネル脇駐車場から出発。
トンネル脇を山に向けて進む。
c0210644_14041768.jpg
天気が悪かったので途中写真撮っていない。
斜面に笹が多い。
c0210644_14065740.jpg

山頂前一番の急斜面はハイマツ踏み抜きまくり。
c0210644_14070018.jpg
途中で先頭に出た私、サクサクと山頂へ。
後続は踏み抜いて大変だったみたい。冬山は体重差がもろに出ますね。正月は太らないようにせねば。
c0210644_14070589.jpg


c0210644_14070721.jpg
c0210644_14312281.jpg
晴れていれば綺麗な樹氷
c0210644_14071157.jpg
今年の1月は綺麗でした。こちらをクリック
このルートで登れるのは2015年1月7日まで。

マウスの左クリックが壊れてチャタリングすると本当に不便。勝手にダブルクリックになるのでストレス溜まる。
今日NEWマウス到着でやっと快適にPCが使える。

2014年12月28日
LX5

[PR]
# by ms090 | 2014-12-31 14:25 | 冬山登山