2014年12月21日 徳舜瞥山

白老山岳会のメンバー、Tarochanpositive51さんの10名でラッセル訓練で徳舜瞥山に行ってきました。
思ったほど雪が深くなく人数が多かったので、あまり訓練にならずに終わりました。

徳舜瞥山のガイド犬バロンと10名で進む。
c0210644_21562185.jpg
楽しそう。
c0210644_21575372.jpg
これが目当てだよね。
c0210644_21575380.jpg
風が強く雪が降ってますが樹氷が綺麗です。
c0210644_21575331.jpg
時折晴れ間が見える。
c0210644_21575330.jpg
c0210644_22091748.jpg
だんだん雪が深くなってきましたが脛程度、樹氷を見ながらノンビリ進む。
c0210644_21575304.jpg
1050m台地到着、山頂アタックに供えて木の中で食料補給。
c0210644_21575315.jpg
木の高さより上に行くともろに強風が襲ってくる。
c0210644_21575343.jpg
初冬山&初スノーシューのIさんにはキツイ状況。
c0210644_22142177.jpg
気温ー15度以下、風速10m以上の吹雪。先に進んだ6名との距離も開いてしまったので4名で先に下山することにしました。
c0210644_22183649.jpg
c0210644_22184816.jpg
オロフレ山方面。
c0210644_22205918.jpg
スノーモンスターにはまだ早い。全体的に雪が少ない。
c0210644_22205977.jpg
c0210644_22221545.jpg
c0210644_22221591.jpg
c0210644_22221564.jpg
ふたたび1050台地で食料補給。
一瞬だけ晴れて山頂が見えた!
c0210644_22221571.jpg
c0210644_22221556.jpg
6名が山頂に到着したのを確認して下山開始。

ここの吹き抜けポイントの景色好きです。今回は雪煙でぼやけた景色。
c0210644_22281020.jpg
牧草地に戻ってきました。晴れていると気持ち良い。
c0210644_22281034.jpg
しかし、次の瞬間地吹雪。こんな時はデポ旗がありがたい。
c0210644_22281022.jpg
10名とバロン無事下山。
ラッセル訓練ではなく、耐寒訓練の一日でした。

2014年12月21日
LX5

[PR]
# by ms090 | 2014-12-22 22:38 | 冬山登山

2014年11月30日 初冬の羊蹄山ご来光

羊蹄山にご来光登山に行ってきました。

比羅夫コースから6名で挑戦したのですが途中で2名が下山。
positive51さん、Nさん、Yさんの4名で登った。
5合目からの雪で木や枝が垂れ下がり、登山道を通せん坊&道不明瞭攻撃。
雪が柔らかくラッセル、踏み抜きで4名全員ボロボロになりながらなんとかご来光を拝んできました。

0時に出発。2合目付近でこの程度の積雪で余裕でした。
c0210644_2042854.jpg

5合目からは雪で倒れた木と枝攻撃。
屈む、跨ぐ、這い這い、匍匐前進、枝を巻いて笹やハイマツの上をスボズボ進む、不明瞭な登山道を探し
あっち行ったりこっち行ったり、どんどん体力が奪われていく。
c0210644_20472676.jpg

たいした雪が乗っているようには思えないけど、木や枝がこんな感じに登山道に被ってます。
c0210644_20593956.jpg

5合目(1059m)から、9合目(1680m)手前の森林限界(1650m)まで約3時間掛かりました。
5時10分、森林限界(1650m)でアイゼンを装着。
c0210644_2173168.jpg

森林限界以上は雪が締まって歩きやすいだろうと思っていたら、雪が緩くハイマツを踏み抜き
なかなか進まない。ご来光のタイムリミットも迫り心が折れてくる。
とりあえず夜景と星を見て心を癒す。
c0210644_2111874.jpg

空が明るくなってきた。
c0210644_21144153.jpg

c0210644_21151196.jpg

稜線はもうちょい。
c0210644_21154663.jpg

c0210644_2116173.jpg

6時14分、稜線(1840m)到着。200m登るのに1時間もかかるとは。
c0210644_21182913.jpg

6時17分、旧小屋分岐到着。
c0210644_21193289.jpg

c0210644_22311844.jpg

ここで悩む。
山頂に行くには左に曲がって北側に進む方が楽なのだが、朝焼けの空の感じだと太陽は夏に比べてかなり
南寄りになっている。
日の出時間まであと20分しかなく北側に進んだ場合、山頂稜線が邪魔でご来光が見れない可能性が出てくる。
2名が遅れていることも考慮して、ご来光を確実に見るため南側を進むことにした。
旧小屋分岐標識と比羅夫側稜線。
c0210644_21405999.jpg

6時30分、外輪山南側1866mに到着。左端が山頂。
c0210644_21442710.jpg

丁度、白老岳の空が明るい。ご来光は見れそう。
c0210644_21451613.jpg

思ったより2名が遅れている。もしかして間に合わないかも(汗)
c0210644_21455687.jpg

待っている間に、洞爺湖側の空。
c0210644_22383430.jpg

山頂へ続く稜線。山頂は真ん中。
c0210644_21475398.jpg

なんとか2名も間に合いそう。
c0210644_2150774.jpg

6時37分、ギリギリで4名全員到着。
c0210644_21504857.jpg

6時40分、ご来光寸前。
c0210644_2152257.jpg

6時41分、ご来光。
c0210644_21563362.jpg

c0210644_2153544.jpg

c0210644_21564816.jpg

c0210644_2158533.jpg

c0210644_2159745.jpg

小屋泊まりの2名。
羊蹄山からの景色はつまらなくてあまり好きではないのだが高度感はあるよね。
c0210644_2223189.jpg

うーん美しい。
c0210644_2242494.jpg

c0210644_2243754.jpg

ここまで来るので体力の限界、山頂はまた今度。
(稜線上も踏み抜きがあるし、雪の状態が悪くて体力消耗しすぎたよ。)
c0210644_2274859.jpg

比羅夫側外輪山に日が当たる。
c0210644_2283761.jpg

小屋への寄り道。今回唯一の尻すべり。
c0210644_22123282.jpg

手前が旧小屋、奥が新小屋。
c0210644_22131735.jpg

新小屋を覗く。トイレの匂いが外も中も漂っていて非常に臭い。とてもじゃないが泊まりたくはない。
c0210644_22135458.jpg

中の作りも??寝る場所狭くて無駄なスペースが多いような気がする。
c0210644_2214108.jpg

小屋から比羅夫コースへ戻る。夏道を外すと踏み抜き地獄。
c0210644_22192590.jpg

この尾根を登ったんだな。
c0210644_22204799.jpg

斜度がある所はあるな。
c0210644_22212246.jpg

登りの足跡に合流。
c0210644_2237181.jpg

あとは長い長い下り。行きで通った木や枝をまた同じように避けなきゃいけないのがキツイ。

ご来光は見れたし、初冬の羊蹄山の辛さも分かったし良い経験でした。

出発:0時 下山:11時15分
登り:6時間40分 下り:4時間(小屋寄り道含む) *ご来光休憩含まず
c0210644_1493583.jpg


2014年11月30 羊蹄山
LX5
[PR]
# by ms090 | 2014-12-01 22:30 | ご来光登山

2014年11月23日 初冬のホロホロ山

10月の白雲岳避難小屋泊以降、11月1日に樽前山~風不死岳、11月9日に十勝岳と登りましたが
天気があまり良くなく景色がイマイチだったのでブログ更新サボってました。

今回は、久しぶりに好天の登山だったのでブログ更新です。

白老山岳会(Tarocahのブログはこちらをクリック)の山納めに参加させてもらいました。
途中倒木があり通りやすいように処置する山岳会の皆さん。
c0210644_20344811.jpg

4合目付近から登山道には踏まれた雪と氷があり滑りやすくなる。
私はモンベルのチェーンスパイクを装着。
モンベルのスノースパイク6も持っているけど装着に時間が凄い掛かるうえ、雪が少ないとバランスが悪く
歩きにくいので、雪が少ない時はもっぱらこれを使用している。
ただ爪が短く踵に2本しか爪が無いのが欠点、今度買うなら爪が長くて多いCAMPのアイスマスターが欲しい。

登るにつれて山頂に掛かっていた雲が取れ、霧氷が美しく輝きだした。
c0210644_2165443.jpg

c0210644_2171100.jpg

久々の好天と絶景にテンション上がる。
c0210644_218233.jpg

オロフレ山方面。
c0210644_2182938.jpg

山頂への最後急登、岩がゴツゴツしていて凍っているので転倒注意。
c0210644_2184112.jpg

霧氷に囲まれた山頂に到着。
c0210644_21101428.jpg


徳舜瞥山。
c0210644_21161973.jpg

c0210644_2111157.jpg

c0210644_21114144.jpg

徳舜瞥山と洞爺湖、有珠山。
c0210644_21122777.jpg

徳舜瞥山と山頂部が雲に覆われてちょっと残念な羊蹄山。
c0210644_2113115.jpg

漁岳、恵庭岳方面。山頂から延びる尾根には北斜面は霧氷、南斜面には殆どないのが印象的。
c0210644_21155554.jpg

恵庭岳、支笏湖、樽前山方面を見ながら下山。
c0210644_21173621.jpg

林道の帰りには、雨で荒れていた道路の補修と再発防止策を行いました。
登山道や林道の整備をする白老山岳会の皆さんには感謝感謝です。

2014年11月23 ホロホロ山
LX5
[PR]
# by ms090 | 2014-11-25 21:20 | 冬山登山

2014年10月11~12日 緑岳~白雲岳避難小屋泊 後編

ご来光を見て小屋に帰還。

小屋に入る前に朝日に照らされるトムラウシをアップで。やっぱり貫禄がある。
c0210644_22515834.jpg

十勝連峰もアップで撮ったがどこがどの山なのか分からん。
c0210644_22524236.jpg

8時に小屋を出発。白雲岳に向かって進む。
やっぱり定番の構図でパチリ。
c0210644_22571067.jpg

朝の空気は澄んでて景色が綺麗。
c0210644_2335871.jpg

c0210644_2332970.jpg

c0210644_22551450.jpg

うねうねシュカブラ。
c0210644_2343616.jpg

名残惜しくて足が止まる。
c0210644_235118.jpg

ここで荷物をデポして白雲岳へ。
c0210644_2381039.jpg

山頂手前の岩場は夏道が分からないので、岩の隙間に落ちないよう注意して登る。
c0210644_2382787.jpg

9時30分、白雲岳山頂。ちょっと空気が霞んできた。
c0210644_23124695.jpg

旭岳方面。
c0210644_23134448.jpg

北鎮岳方面。
c0210644_23142853.jpg

星空とご来光でおなか一杯。せっかくの絶景だが写真を撮ってさっさと下山。

左から桂月岳、黒岳、鳥帽子岳、赤岳、奥にニセイカウシュッペ。
c0210644_23193612.jpg

小泉岳経由で緑岳へ。
c0210644_23203042.jpg

緑岳稜線から。白雲岳の雪が結構溶けた。
c0210644_23223083.jpg

11日には見えなかった緑岳からのトムラウシ方面の景色。
c0210644_23233292.jpg

ニペソツ山の林道が倒木で通れないアクシデントがあり、急遽変更した山行でしたが絶景が見れて良かった。
いつか初冬の大雪山で山中泊したいと思っていましたが思いがけず達成できました。

下山後は高原温泉と思っていたら11日で営業終了していてちょっとショック。
紅葉真っ盛りの糠平温泉『中村屋』で温泉、山中泊後の温泉は生き返る。雰囲気とサービスの良い温泉でした。

その後、道の駅 ピア21しほろによってプレミアムソフトクリームを食べた。美味かった、今度寄った時は別の味も試したい。
ついでに売店で飛ぶように売れていた士幌ポテトチップスをお土産に買った。こちらも美味しい。
晩飯は芽室のインデアンでカツカレーを食べて色々満足して帰ってきました。

2014年10月11~12日 緑岳~白雲岳避難小屋泊
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
# by ms090 | 2014-10-16 23:29 | 小屋&テン泊登山

2014年10月11~12日 緑岳~白雲岳避難小屋泊 中編

前編後編の予定でしたが、ご来光だけで中編も出来ちゃいました。

星を23時30分まで見た後はご来光に備えて3時まで就寝。
3時30分小屋を出発して緑岳稜線へ向かう。
白雲岳と避難小屋。
c0210644_22103961.jpg

分岐から一山登ったところでご来光鑑賞会開始。
4時30分星空に赤いグラデーションが出てきた。
c0210644_22134341.jpg

4時52分
c0210644_22231815.jpg

5時9分だんだんと空が明るくなってきた。
c0210644_22174690.jpg

日の出前の水墨画みたいな時間も好きだ。
c0210644_22233268.jpg

北側の方角、何の山だろう。
c0210644_22234272.jpg

石狩山地とニペソツ山。
c0210644_22235647.jpg

5時34分ご来光キター。
c0210644_2229147.jpg

ただただ、太陽が昇っていくのを眺める。
c0210644_22294314.jpg

c0210644_2236334.jpg

c0210644_22364386.jpg

c0210644_22365456.jpg

周りの山々も照らされている。
c0210644_2238393.jpg

どうしてもニペソツ山はアップで撮ってしまう。(手振れで残念)
c0210644_22381476.jpg

緑岳~トムラウシ~十勝連峰。
c0210644_224053.jpg

トムラウシ~十勝連峰アップ。
c0210644_2241899.jpg

6時ごろ撤収。
快適な夜を過ごさせてくれた白雲岳避難小屋に帰還。
c0210644_22415780.jpg

ご来光が見れて満足満足。

次は白雲岳~下山で終了です。

2014年10月11~12日 緑岳~白雲岳非難小屋泊
KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
# by ms090 | 2014-10-15 22:44 | ご来光登山