<< 画像拡大表示復活したよ 写真関係あれこれ >>

2013年2月26日 厳冬のオロフレ山

tarumae-yamaさんポッケさんの3名でオロフレ山に登ってきました。

天気予報は晴れだったが、現地に着くと小雪舞う曇り空だった。

羅漢岩稜線途中まではどんより雲、来た道を振り返る
c0210644_22123832.jpg

c0210644_22124682.jpg

徐々に晴れ間が出てきてテンションが上がる
c0210644_22132073.jpg

c0210644_22134911.jpg

羅漢岩稜線を越え、雲に山頂を覆われたオロフレ山を眺める
稜線上は風が強く、右側にある雪庇で雪煙が舞っている
c0210644_22193795.jpg

上記写真の雪庇を下から撮影
ラインが美しい
c0210644_22204736.jpg

小岩頭のトラバース
c0210644_22232187.jpg

稜線の道程、トンネルから右端に登り稜線を辿ってくる
c0210644_22233516.jpg

雲から顔を出したオロフレ山頂
c0210644_22254452.jpg

山頂下のコルでスノーシューからアイゼンに履き替え急斜面を登る
c0210644_2228554.jpg

今年は雪が柔らかく急斜面で腰上の踏み抜きが沢山あり、例年にない大変さだった。(tarumae-yamaさん提供)
c0210644_2314091.jpg


山頂は風雪で、眺望は無く寒かった
c0210644_22362367.jpg

だだっ広く、標識が埋もれてしまった山頂
c0210644_22323588.jpg

帰り道、なかなか日が当たってくれない羅漢岩
c0210644_2240196.jpg

羅漢岩の上を歩く
c0210644_22405912.jpg

左に雪庇の発達した崖を見ながら登る難所(帰りの登りはそれ程でもないが、行きの下りが要注意)
c0210644_22433425.jpg

c0210644_22483854.jpg

羅漢岩の上で写真撮影中の私(tarumae-yamaさん撮影)
c0210644_22464317.jpg

難所を越えて
c0210644_22524997.jpg

c0210644_2253058.jpg

後ろを振り返り、羅漢岩を見てから下山
c0210644_22555713.jpg

天気には恵まれなかったが、迫力ある羅漢岩歩きは楽しかった。
山頂下から山頂までの間で、今年初めて目だし帽を使いなかなかの寒さを満喫。
今年の踏み抜き地獄は、1人だったら心が折れてしまったかも、3人で行って良かった。

この山に登るときは、天気予報で晴れだけでなく風が弱い時を狙ったほうが良い。
去年ここでサングラスもゴーグルも一瞬で凍ってしまうブリザードに見舞われ、まつげに霜が付いて重くなり
目が開けられなくなって、プチ雪洞を彫って体制を立て直す羽目になったので皆さんも注意して欲しい。
c0210644_0381831.jpg

2013/2/26 オロフレ山 DMC-LX5
[PR]
by ms090 | 2013-02-28 23:08 | 冬山登山 | Comments(8)
Commented by yah-_-yah at 2013-03-01 09:38
オロフレ山は夏も一度も登ったことはありませんが、夏山のイメージはそんなに難しくなかったのですが、冬は相当厳しそうですね。
かなりの急登だし、雪庇もあるし、風も強いときたら、途中でイヤになりそうです。
(天候に恵まれてないとすぐに心が折れてしまいます)
Commented by ポッケ at 2013-03-01 12:55 x
今回同行ありがとうございます。
最後の急登、画像で見るとこんなに?と思うほど
かなりの急斜面ですね!
また私一人、画像で見ると身体がデカイ(笑)
Commented by tarumae-yama at 2013-03-01 17:48
おかげさまで厳冬期のオロフレ山の頂に立つことが出来て感無量です。
やはりこの山の冬を経験している同行者がいると精神状態が全然違います。
それにしても、踏み抜きが多くて苦労しましたね

大滝村の温泉が休みだったのが本当に残念でした。
Commented by ms090 at 2013-03-01 23:28
yahさん
条件が悪くなければ、スノーシューとツボ足でも登れる山なのでそれ程他の山より難しい感じはしないです。
注意しなければならないのは天気と羅漢岩の雪庇です。
羅漢岩を歩く時には、なるべく木の側を歩いて場所によって木の中を歩きます。

風が弱い時に登れば、快適で眺望抜群の稜線歩きなんですけど・・・天気が悪いと最悪ですw
Commented by ms090 at 2013-03-01 23:33
ポッケさん
私も写真を見て、こんなに急だった?と思いました。
踏み抜きをかわすのに一生懸命で登っている時は気が付かなかったのですね。
一緒に登れて楽しかったです。
Commented by ms090 at 2013-03-01 23:37
tarumae-yamaさん
経験者が居ると確かに安心ですよね。
私もこのルートは、途中で一緒になった方に教えてもらいました。1人だと何処歩けば良いか悩みますね。

体が冷えていたので、温泉は本当に残念でした。
Commented by たろちゃん at 2013-03-02 16:23 x
いや~、凄いですね♪
この辺の冬山では一番厳しい所じゃないでしょうか。
別格というのか、とっても価値ある山行だと思います。

例の温泉がクローズしてのは唯一の心残りだと思われますけど(爆)
自分も実力つけて挑戦したいですね。

お疲れ様でした。
Commented by ms090 at 2013-03-05 00:52
たろちゃん
崖の側を歩かなければならない、気象条件をもろに受けるといった所を考えると一番厳しいかもしれませんね。
天気さえ良ければ、歩行距離は短いし標高差も少ないので楽とも言えます。
私的には、天気次第で両極端な印象を受ける不思議な山です。

たろちゃんが登った事無いのは以外!
今の実力で余裕ですので、ぜひ登ってみてください。
名前
URL
削除用パスワード
<< 画像拡大表示復活したよ 写真関係あれこれ >>