<< 2013年5月18日 残雪期限... 2013年3月24日 漁岳 >>

2013年5月18日 残雪期限定ルートでホロホロ山 記録編

なかなか天気や都合が合わず3月24日の漁岳以来、約2ヶ月ぶりに山へ。

体力が落ちているのでお手軽、出来れば靴の汚れない雪の沢山ありそうなところという難しい条件をネットで物色。
すぐ近くにありました。
四季彩街道から取り付く、残雪期限定ルートのホロホロ山。

今回はとりあえず、記録だけアップ。写真は後日。

登山口は四季彩シェルター前駐車場、入って左側の角をまっすぐ進んで尾根に上がる。
c0210644_17371517.jpg

道中の雪は殆ど溶けていたが、駐車場に着いたら雪がたっぷりあってビックリ。
結局、山頂稜線以外はつぼ足で雪の上を軽快に歩けた。踏み抜きはたまにある程度。

雪の深さは最初は20cm位からどんどん増えて最高1.5mくらい、来週位まで大丈夫そう。
ただ、林の中は松葉と枝で汚い。尻すべりに良さそうな斜面だけど断念。他のところでしましたけどね。
c0210644_17401149.jpg

途中でスキーで先行していた夫婦と合流、以後山頂まで行動を共にしました。
c0210644_17431259.jpg

天気は薄曇だが恵庭岳もクッキリ
c0210644_17424262.jpg

気温は12℃、風は2m程度で暖かく私はキャプリーン4の上にTシャツ1枚で山頂まで快適。
下半身はハードシェルだったが、両サイドジッパーを半分オープンで意外と快適。
後から登ってきた別の2名は、下は普通のズボンにスパッツと軽装だった。

羊蹄山もしっかり見えて気分が良い。
c0210644_17442810.jpg

どんどん視界が開けて、良いね。
c0210644_18324370.jpg

斜面には雪がたっぷりあるが、右上の山頂稜線には雪が殆ど無い
c0210644_1747862.jpg

遠めに見ると端正な山頂に見えるが、こっち側から見ると地味な左上の山頂
c0210644_1748307.jpg

狭い山頂稜線は、細い雪歩き、股までの踏み抜き、藪漕ぎと結構大変でした。
c0210644_17523923.jpg

雪のない山頂(地面が出ていたのは山頂と稜線の一部のみでした)
c0210644_17585712.jpg

ワカンとアイゼンを持っていったが全然必要なかった。
気温が低い場合、標高750~800mの斜面でアイゼンが必要かもしれない。
登山開始から気温が10℃と高かったが、雪はしっかり締まっており殆ど沈まない。
たまに踏み抜きあるが全然問題ない。急斜面はキックステップが良く効いた。
ピンクテープが付けてあり、ルートは分かりやすかった。

山頂稜線以外は、のんびりハイキングルート(片道4.6km)で景色最高なので今後の定番になりそう。
c0210644_18203881.jpg

出発8:20-山頂稜線入り口1270m10:20-ホロホロ山頂10:50~11:50-駐車場13:30
*下りでワカンを使ったが、埋まりそうな気配が無いので途中で外した。
 つぼ足の方が全然ペースが速かったので30分くらい余計に時間掛かったと思う。
[PR]
by ms090 | 2013-05-18 16:50 | 登山
<< 2013年5月18日 残雪期限... 2013年3月24日 漁岳 >>