<< 三階滝&神仙沼&五色温泉の紅葉 2013年9月29日 上ホロ~... >>

2013年9月28~29日 上ホロ~富良野岳 テン泊 前編

6月末に黒岳石室で小屋泊してから早3ヶ月。
仕事が忙しすぎてまったく登山に行けない日々が続いていました。

年に一度のテント泊は絶対行きたい、しかし連休は取れない。
会社を早退して行けるテン泊ポイントとして目をつけていた上ホロカメットク山に行ってきました。

28日登山口へ向かう道中。目指す十勝連峰の上ホロカメットク山は快晴。
c0210644_2293814.jpg

14時に凌雲閣の登山口を出発。
3ヶ月ぶりの山、いい天気、懐かしい景色、気持ちいい
c0210644_22124448.jpg

丁度、登山客は下山する時間帯。皆さん満足そうな顔で降りてきます。
c0210644_22165523.jpg

中央上が十勝岳、右上が上ホロ
安政火口が作り出した岩肌が目を引く
c0210644_2220381.jpg

D尾根に出ると程なく、三峰山の方向からから雲が溢れてきた
c0210644_22254426.jpg

三峰山から富良野岳まで続く雲の滝、凄い迫力
c0210644_22295955.jpg

D尾根までその余波がやってくる
現実離れした光景に大興奮
c0210644_22221756.jpg

上富良野岳に着く頃には、雲の勢いが治まり三峰山や富良野岳のピークが見えてきた
c0210644_2237983.jpg

三峰山のピーク
c0210644_22383372.jpg

16時53分、夕日に照らされる十勝岳と上ホロ。左上は上富良野岳山頂標識。
c0210644_22415483.jpg

17時、富良野岳越しの夕日を目に焼きつけ上ホロのテント指定地を目指す
c0210644_22443674.jpg

テン場までは上ホロ山頂を通らず、巻き道を使ったのだが夕日がまったく見えず大失敗。
しかも、別に楽とも思えなかった。。普通に上ホロ山頂通ったほうが楽なんじゃないかな?

テン場に着くと、日が沈み暗くなってきた。すぐにテントを張り、夕食。
満点の星空を期待していたのだが、薄曇なのかあまり綺麗でなかったので写真撮影は無し。

後編は29日の記事をアップします。

2013年9月28~29日 上ホロカメットク山~富良野岳 KissX2+シグマ18-125mmOS & LX5
[PR]
by ms090 | 2013-10-02 22:48 | 小屋&テン泊登山 | Comments(4)
Commented by tarumae-yama at 2013-10-06 20:39
紅葉もなかなかきれいだし、雲滝の写真も迫力があって良いですね。
確かに、上ホロのテン場へはまき道を通る意味がないですね。
花の最盛期ならありと思いますが、普通に頂上を経由した方が楽しめますね。

積雪期になると仕事は一段落でしょうか?
またスノーシューを履いて一緒する機会があれば嬉しいです。
Commented by ms090 at 2013-10-07 22:44
tarumae-yamaさん
紅葉は全然期待してなかったのでラッキーでした。凌雲閣側の斜面は5日くらいに見頃になったようです。
雲滝はこんな近くで見たのは初めてで、更に夕焼けの空と組み合わさってドラマチックでした。
巻き道は楽できるかなと思ったらそうでもなくガッカリでした。

冬は今よりは一段落すると思いますので、今からスノーシュー楽しみです。
Commented by たろちゃん at 2013-10-08 13:35 x
こんにちは♪

やっぱり、こちらの景色は雄大で雲の流れも神々しい感じが
伝わってきますね。

思わず息を呑む光景に見入ってしまいました。
Commented by ms090 at 2013-10-09 22:37
たろちゃん
十勝連峰は荒々しくて雄大な感じが好きです。
テン泊したお陰で、神々しい夕景をみることが出来ました。
刻々と変わる景色から目が離せず、テン場に着くのが遅くなってしまいちょっと焦りましたw

ここはお手軽で、綺麗なトイレと、いざとなった時の非難小屋もあるので勧めですよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 三階滝&神仙沼&五色温泉の紅葉 2013年9月29日 上ホロ~... >>