2018年2月13日 夕暮れのジュエリーアイス

斜里町に行く前に十勝川河口の豊頃町大津でジュエリーアイスを見てきました。
時期が遅かったのか海岸には綺麗な氷は殆ど無くちょっと期待はずれ。

こんな程度しか見れなかった。
c0210644_22591440.jpg
c0210644_22593710.jpg
c0210644_22595832.jpg
c0210644_23001977.jpg
結構砂がついてたり表面が白く曇ってたりするので、水と布を持っていって磨いてやれば良かった。
面白い形の氷を見つけて、磨き込んで積み上げるのがここの楽しみ方かな?

[PR]
# by ms090 | 2018-02-19 23:04 | 冬景色 | Comments(0)

2018年2月14~15日 斜里町の流氷

斜里町から見ることの出来る流氷のある景色
c0210644_23195952.jpg
c0210644_23201801.jpg
c0210644_23203695.jpg
c0210644_23205613.jpg
c0210644_23211761.jpg
c0210644_23215672.jpg
c0210644_23221461.jpg
c0210644_23223075.jpg
c0210644_23225167.jpg
c0210644_23231095.jpg
c0210644_23233211.jpg
c0210644_23240229.jpg
今回の旅の目的の一つ人生初の流氷を満喫できました。

斜里町以外にも寄り道したので、家から往復1,080kmのドライブでしたが
アイサイトのお陰で楽チン安全運転。今後はどんどん遠出したいです。




こーるどふぉとこんてすと



[PR]
# by ms090 | 2018-02-18 23:32 | 冬景色 | Comments(0)

2018年2月14~15日 斜里町の流氷がヤバい 速報版

斜里町に流氷が集まっているとネットで見つけて急遽見てきました。
現地の人もこんなにビッシリの流氷は中々見たことがないと言うほど凄まじさ。
流氷を初めてみる私はその凄さにただただ圧倒されました。

今回の旅で見つけた見所をざっと紹介

1、斜里川河口(漁港と反対側)
c0210644_23225230.jpg
c0210644_23233102.jpg
c0210644_23245555.jpg
c0210644_23442386.jpg
2、以久科原生花園
c0210644_23322109.jpg
3、334号線沿い ウナベツスキー場入口向かいの浜
c0210644_23263490.jpg
c0210644_23264365.jpg
4、334号線沿い ウナベツスキー場入口から丘に向かって進むとある『天に続く道』
c0210644_23265013.jpg
5、オシンコシンの滝駐車場
c0210644_23261687.jpg
c0210644_23255914.jpg
6、知床温泉 夕日台展望台より三角岩とオロンコ岩とゴジラ岩を望む
c0210644_23265946.jpg
地平線まで海面が見えないほどの流氷、凄まじいのだが所々海面が見えた方が良い感じ。
正直曇ってしまうと雪原にしか見えないw

斜里町は地形的に流氷が集まり易く移動しにくいらしいので今がチャンスかも。

時間を見つけてその他の写真アップしていく予定です。

D5500+18-140VR(1枚目だけスマホです)




こーるどふぉとこんてすと



[PR]
# by ms090 | 2018-02-15 23:57 | 冬景色 | Comments(2)

2018年1月10日 風不死岳 ほぼ2年ぶりの登山

 ご無沙汰です。諸事情により2年近くブログ&登山も放置してましたが復活。
とりあえずブランクを確かめるべく「風不死岳」へ
c0210644_22553387.jpg
登りはじめは天気が悪かったのでトレーニング登山に切り替え、スノーシューを担いだままツボ。
時々腰まで埋まりながら久々のラッセルを楽しむ。
c0210644_22583284.jpg
上に着いたら晴れてきた定番構図。ここまではLX-5で撮影。
ここからはD5500+18-140VRで撮影開始。このカメラを使うのもほぼ2年ぶり2回目・・・何の為に買ったんだか。。
c0210644_22593656.jpg
同じような構図。
c0210644_22593788.jpg
風不死岳山頂の木々と奥に苫小牧市と太平洋、右に樽前山
c0210644_23070828.jpg
プリン(溶岩ドーム)をこのレンズの最大望遠170mmで。
c0210644_23072640.jpg
恵庭岳山頂を170mmで撮影後トリミング、これだけ見れれば充分。
c0210644_22593757.jpg
山頂で30分位ノンビリして下山。ここからはLX-5、基本移動中はLX-5撮影。
c0210644_23055965.jpg
2年ぶりの登山で膝が笑ってるけど、良い景色じゃ。
c0210644_23055923.jpg
車替えました。2011年型インプレッサの最終モデル、アイサイトVer.3
で遠出も眠くても楽チン運転。

6年近く使用してきたLX-5の露出調整ダイヤルが反応しなくなってた。露出が変更出来なくなったのが非常に辛い。
替わりに何か買わないといけないな。
デジイチって必要なんだろうか??移動中はデジイチぶら下げるのは嫌でほぼ
ザックの中、D5500はなかなか出番がない。
D5500とかペンタックス&キャノンのレンズ処分して高級コンデジ一台体制の方が楽なのではと思う今日この頃。

2018年1月10日 風不死岳 D5500+18-140VR LX-5
[PR]
# by ms090 | 2018-01-11 23:31 | 冬山登山 | Comments(4)

ミネルバ®エアーメッシュパネル

冬用ザックの背面パッドで背中が蒸れるのでタイトルの商品を購入してみた。
使用してみたところ、背中に熱がこもらず汗がすぐに乾き快適!お勧めです。

今まで夏に使用していたザックを冬に使いまわしていたが、使い勝手を考えて冬用ザックを購入してみた。
買ったのは定番オスプレーのコード42。
懸案事項が一つ、見るからに背中が蒸れそうな背面パッド。
c0210644_21593921.jpg

予想通りメチャ熱がこもる。

そこで秀岳荘にあったミネルバ®エアーメッシュパネル(商品名:清潔空間)を購入してみた。
ネットで良い説明が見つからなかったのでクシャクシャになってしまった説明書を恥ずかしながらアップ。
c0210644_2233731.jpg

コード42のS/Mサイズに、ミネルバ®エアーメッシュパネルのLサイズがジャストフィット
c0210644_2283381.jpg

付け外しは簡単。
1、上側は本体から伸びるベルトをショルダーに掛けて中央のループに通してもう一個のショルダーに掛けて
 写真左側のバックルに通して固定する。
c0210644_22152168.jpg

2、下側はゴムコードの輪を左右のヒップベルトに通してコードロックで締めるだけ。
c0210644_22172731.jpg

-10℃で風速10m位有ると背中がスースーします。そんな時はすぐに外せるので丸めてザックに
入れてしまえばOK、体の冷えにもすぐに対応出来ます。

かなり寒い状況でも使用してみましたが、メッシュパネルはほぼ保水しないので凍結することはありませんでした。
中に霜柱のようなものが見えますが、これは製品の立体メッシュと撮影時に積もってしまった雪です。
c0210644_22221994.jpg


この製品について割りと詳しく書いてあるHPがこちら
ミネルバ®エアーメッシュパネルで検索すればAmazonや楽天でも2千円前後で売ってます。

実はこの製品はバイクシートカバーや座布団もあり使用したことがあるのですが
夏でも尻は蒸れない、雨が降ってもシートに溜まった水が直接尻に触れないのでそこそこの合羽を着ていれば
染みてこない優れもの。
[PR]
# by ms090 | 2016-03-31 22:37 | 道具 | Comments(0)